キャリア教育

blog
【オンライン職業講話】第1回『とりドリさんの場合。』を実施しました! | キャリア教育

【オンライン職業講話】第1回『とりドリさんの場合。』を実施しました!

本日は、カシマ教育グループ(鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校さま)にて、オンライン職業講話『とりドリさんの場合。』を開催しました! オンライン職業講話『とりドリさんの場合。』では、色とりどりな働く大人たちが登場し、それぞれの視点から仕事の話や、“働く”を通して気づいた大切なことなどを話していただくような、「働く大人図鑑」のような内容です。2月までの全6回シリーズ、12人の大人を知る機会を通して、なりたい大人像、自分らしいロールモデルを模索していきます。 🐥本日最初の“とりドリさん”は・・・ フットサル選手・高校生支援・手づくりの人 NPO法人キャリアbase あすリード部 倉持杏子さんです!さまざまな活動をしている倉持さんからは、“実はやりたいことをみつけたのは27才”という話や、“陽口(ひなたぐち)”の話がありました。 📣倉持さんからのメッセージ ①自分のいいところがわからなかったら 周りに聞いてみるのもアリ ②自分で決めて、動いて、やってみると いろいろ分かる ③自分の中の心地よさと違和感を大切にする 💭生徒質問からピックアップ Q:怪我のリハビリした際にどんな気持ちで乗り越えようって思いましたか? 「実は私が怪我をする直前、今までの人生で一番サッカーが嫌いになってた時期でした。仕事とサッカーの両立が上手くできなくて、努力をしなくなってその結果、大きな怪我をしてしまいました。「自分が怠けていたから怪我した」って分かってるのに周りの友人は同情してくれてて、有難かったけど正直きつかったです。でも怪我したあとに迎えにきてくれた父が「トレーニング不足だね」って笑いながら言ったんです。「そうなんだよ!」と、ものすごく心が軽くなりました。ちゃんと見ててくれたんだって思いました。そこで「もう一度1から頑張ろう」って決めて、自分の体ときちんと向き合いながらコツコツ積み重ねて、もう怪我をしない体作りをしようと思って5年、大きな怪我なくプレーし続けることができています!復帰したあと、「怪我して良かった」って思いたいという一心で、周りの人にたくさん助けてもらいながらリハビリ生活乗り越えました!」 🐥2人目の“とりドリさん”は・・・ 笑顔がトレードマーク!塗り床リリーフパネルの販売・工事を手掛ける、株式会社テクノスタッフ社長 本田光弘さんです! まずは本田社長から生徒への質問です。 「(人生を80年と考えた場合)人は一生のうちで、どれくらい笑っていると思いますか?」 ①約23時間 ② 約23日間 ③ 約23カ月 生徒からは②③という声が多かった中で、答えは①23時間、、!! 「たくさん笑うことは健康と長生きにも繋がるんだよ」とのメッセージもありました。 📢本田社長の「働く」とは!? お客様からの「イイね👍!」と、自分への「イイね👍!」を集めること。それは豊かな仲間づくりにもつながることを教えていただきました。 📣本田社長からのメッセージ ①人は多くの人に支えられて生きている ②周りに助けてくれる人がいる事を忘れない ③遠慮は不要ですが、配慮は必要 💭生徒質問からピックアップ Q: どうやったら仕事のやる気を出せますか? A:やる気の出ない仕事でやる気を出すのは難しいので、質問者の方が、自分のやりたい仕事を、真剣に探してみると良いと思います。 ・自分の得意な事を書き出す。(見える化すると考えやすい) ・周りの人に自分の長所を聞く。(知らない自分がいるかも(笑)) ・どんな事にワクワクするか、考えてみる。 例:人と話す、物作り、体を動かす、職場の環境(距離とか駅近とか)、社員数、給料の額、福利厚生、働く仲間が良さそう、動物が好き、その会社の商品が好き、などなど、ワクワクが多いほど、やる気になりやすい仕事だと思います。 ちなみに、私の仕事のスタートは、お金が稼げそうな仕事で、仲間と体を動かして活動するのが好きで、形のある物を作るのが好きで、色々な場所に行けるのが好きだったので今の仕事を始めました♪そして、真剣に考える時は、ネガティブな要素で探すのは避けた方がイイですね。例えば→遠くに行くのが面倒、体を動かすのがヤダ。人と話したくない。などですかね! 生徒アンケートより 働いている大人のお話を聞ける機会があまりないし、詳しく趣味なんかも教えてくれながら仕事について説明してもらえて、自分に当てはめて考えやすかったしわかりやすかった 最近少し不安な予定を控えていて、不安がいっぱいで苦しかったですが・・・おふたりのお話をきいて、とりあえず決めてみる、やってみる、挑戦してみたいと思ったときに遠慮はいらないよというお言葉がとてもあたたかく、前向きに取り組んでみようと思えました!おふたりともお話が上手で要点をきれいにわかりやすくお話してくださったので、とてもあっという間の1時間でもっと聞きたかったのが本音です!とても楽しく、おふたりの温かさがあふれる時間でした!本当にありがとうございました! 自分の才能について考えた時に、僕には何の才能があるのかよく分からなかったけど、才能とは自分がやってて楽なことだという考え方を知れて良かった。 真面目に働くことによって得るのは、収入だけでなく、信頼でもあることがわかりました。 本田社長、倉持さん、ご参加いただいた皆さま、ありがとうございます!!

自分を好きになるガイダンスを実施しました!(都立葛西南高等学校さま) | キャリア教育

自分を好きになるガイダンスを実施しました!(都立葛西南高等学校さま)

7/8(月)東京都立葛西南高等学校・全学年生徒向けにキャリアbaseあすリード部・くらもちが『自分を好きになるガイダンス』を実施しました! 今年度、キャリアbaseの「自分を好きになるガイダンス」が、地域教育推進ネットワーク東京都協議会の会員団体が提供する、学校支援活動等で活用可能な教育プログラムの1つとして採択されております!今回、数ある教育プログラムの中からキャリアbaseのプログラムを選択いただきました! 自分を好きになるガイダンス 自分を好きになるガイダンスは2部構成となっております。 自分の過去の嬉しいを分解するタイムマシーンワークと、人のいいところを見つける陽口(ひなたぐち)イベント🌻 友達と話したり、一人でじっくり考えたり、自由なスタイルでリラックスしながら取り組んでくれました!! 先生方も積極的に対話してくださり生徒は嬉しそうでしたね☺ 全校生徒の前で発表! 全校生徒の前で意見を伝える機会はめったにありません。 生徒会のある学校は生徒会長、先生の中でも校長先生くらいでしょうか。 緊張したと思いますが勇気をもって発表してくれた各学年の生徒たちに拍手を送りたいと思います✨ 最後はこのガイダンスの誕生秘話をお伝えしました⛵ 特に陽口イベントは、自分の知らない自分のいいところに気づけるワークとなっています。講師のくらもちは、自信に満ち溢れていて「なんでもできる!」という性格ではなく、どちらかというと自分のいいところを誰かに伝えたり、人前で話したりすることは得意ではありませんでした。 しかし、自分自身の過去の分解作業や、周りの人たちからもらった言葉のおかげで、自分の知らなかった自分の“いいところ”をみつけることができ、少しずつやりたいことが見つかって、日々の生活の原動力になっています。 このガイダンスのテーマは『じぶんを知る、好きになる』 その方法はたくさんあると思いますが、タイムマシーンワークや陽口イベントがその方法の1つになれば嬉しいです。 今回は授業サポーターとして、ミナトリーの戸井田さん・岩井さんが参加してくださりました✨ ありがとうございました☺

『ハレかしぜみ Vol.6』~これまでを振り返ろう~中間発表!(千葉県立柏の葉高等学校さま) | キャリア教育

『ハレかしぜみ Vol.6』~これまでを振り返ろう~中間発表!(千葉県立柏の葉高等学校さま)

6/27(木)に、千葉県柏の葉高等学校・1年生向け探究授業「ハレかしぜみ」の第6回目のガイダンスがありました🌱 1学期ラストの授業は“振り返り” グループで発表📢 これまでやってきた授業を振り返り、グループごとに発表します! 他のグループのアイディアを知り、自分たちの企画に良い気づきを与えてくれる時間になりましたね✨中間発表を終えたあとに改めて話し合い、企画のブラッシュアップをしていきます☺ 来てくれた人達に、また次も来たいと思ってくれる人を増やしたい オリジナル感を出したい 食べ物を食べて来てくれた人達みんなにHappyになってほしい 近隣の農家さんと協力したい チームワーク×実行委員! 実行委員メンバーの方ではプレゼンメンバーの担当決めや、チラシの作成、SNS周りの工夫が進んでいました✨ 声を掛け合いながら、積極的に活動を進めていく頼もしい生徒たち!! 夏休みに入るとさっそく地域の企業さんや団体さん向けにテラスをてらそうフェスタのプレゼンが始まっていくようです。本番に向けて一緒に楽しみながら挑戦してくださる地域の応援団を増やしていきましょう!! 企画が上手く進んでいないチームもあるかもしれませんが、壁にぶつかった時こそ面白いアイディアが出てくるチャンス!! 深呼吸して、チームで力を合わせて考えていきましょう✨💭 これまでのハレかしぜみの様子もぜひご覧ください✨ 🌱ハレかしぜみvol.1『柏の葉アクアテラスでオリエンテーション!』 🌱ハレかしぜみvol.2『柏の葉という地域を知ってアイディアを膨らまそう!』 🌱ハレかしぜみvol.3『対話を重ねてチーム決め!』 🌱ハレかしぜみvol.4『企画をするプロセスを学ぶ!』 🌱ハレかしゼミvol.5『アクションプランを立てよう!』

【第3回浦安探究ゼミ】“スポーツフェスティバル”を考えよう!(千葉県立浦安高等学校さま) | キャリア教育

【第3回浦安探究ゼミ】“スポーツフェスティバル”を考えよう!(千葉県立浦安高等学校さま)

6/27(木)、千葉県立浦安高等学校1年生向けの『第3回探究ゼミ』に、外部講師としてキャリアbaseあすリード部・倉持が登壇しました! そして今回も、通信制非常勤講師や整体師、音楽家として活躍されているミナトリー・松嶋さんにサポートいただきました⚽松嶋さん、いつもありがとうございます🌱 スポーツフェスティバルを考える!? スポーツ探究ゼミの生徒たちは体を動かすことが好きな生徒が多いです⚽🏀⚾🏸💃🏂🎽 前回の授業で取り組んだ「アイディアシート」にも、「好きなこと・興味のあること」に色々なスポーツを書いてくれました✍そして、「この探究ゼミがどんなことをしてみたい?」という項目には、 運動が苦手な人でも楽しめるスポーツをつくりたい 色んなスポーツを体験してほしい ○○のスポーツの楽しさを伝えたい 最後まで授業をやりきりたい! と生徒たちの想いが綴られていました。 そこで! 生徒たちに「スポーツフェスティバル」を企画してみよう! という問いを投げてみました💭 グループワーク👯  ①どのような目的で  ②誰に  ③どのような工夫をして  ④実施後に届けたい変化 という順序で話し合いながら考えていきます。違うスポーツをしている生徒同士で構成されたグループでは、それぞれのスポーツの特性やルール、良さをかけあわせた面白い企画が進んでいましたね✨ 浦安地域で「ここを会場にしてほしい!」という方がいらっしゃいましたら、ぜひお声掛けいただけたら嬉しいです👐 次回は夏休み明けの9/19🍀 引き続きよろしくお願いします☺

【令和6年度版】第6回オンライン就活セミナーを実施しました!カシマ教育グループさま(鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校) | キャリア教育

【令和6年度版】第6回オンライン就活セミナーを実施しました!カシマ教育グループさま(鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校)

本日は、キャリアbase代表の草場が講師として登壇し、全国の鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校の生徒に向けた、オンライン就活セミナーを実施しました。 第6回目のテーマは『職場見学について』です。 (本日のアジェンダ) 1.職場見学のコツ 2.応募先企業の選択のポイント (今日の目的) 職場見学を、後悔しない企業選択に役立てよう! 7月1日に高卒採用求人情報が全国的に公開され、求人活動が本格的にスタートしました🌻夏休み期間に、最低3社は職場見学に行き、実際に見て、比較検討しながら応募先企業を考えるような就職活動をお勧めしました。 企業研究の仕方では、企業名から情報収集する練習を行い、それぞれどのように検索し、どんな内容が捉えられたかを共有しました。 ・公式HP ・Siri ・XなどのSNS ・Google ・口コミ など…… 職場見学に向けて、身だしなみチェックと訪問マナー、当日の見学ポイントを確認し、いつまでに何をするのかなど具体的な準備についてもお伝えしました! (実施後のアンケート) 就職は難しいこともあるけど慣れれば楽しそう 職業の心構えがわかった 就職のチェックリストなどがためになった 就職先の詳しいことを調べる方法がよくわかった 一社だけでは無く複数の会社を見学する事が大事であると言う事を知れた これから何をすればいいか参考になった 色んな選択が増えてすごく良かった 就職したいと思っていたけど実感が湧かず、特に進展なかったけど、セミナーを受け、本格的に就職を考えていきたいなって思いました。 自分はどんな会社がいいか人によって違うので、働く自分がどう在りたいかをイメージして仕事場を決める   ご参加いただいた皆さま、ありがとうございます!

『ハレかしぜみ Vol.5』アクションプランを立てよう!(千葉県立柏の葉高等学校さま) | キャリア教育

『ハレかしぜみ Vol.5』アクションプランを立てよう!(千葉県立柏の葉高等学校さま)

6/20(木)に、千葉県柏の葉高等学校・1年生向け探究授業「ハレかしぜみ」の第5回目のガイダンスがありました🌱 前回、株式会社コロコロ・松田さんからアイディアを企画にする方法を学びました✎☺その企画の実現に向けて、本番から逆算した計画立てを行っていきます!! 生徒はチームごとに各教室に分かれ、先生方には探究ファシリテーターに挑戦していただきました!! 取り組んだことは下の3つです! 計画を立てる 必要なものリストを書き出す 外部との連携 生徒たちは残りの授業日数を確認しながら「いつまでに」「どこまで進んでいれば」実現できるかどうかを話し合っていきます。 計画を立てたら次は必要な物リストの作成👀 チームによって企画内容は異なりますが、予算は「3,000円」と決まっています。材料が予算に収まらないチームは他に方法がないか探していきます。購入以外にも材料をゲットする方法はたくさんありそうですね💡 外部団体・企業との連携に進んだチームは、アプローチ先の下調べをして理解を深めてから連絡を取っていきます。さっそくテレアポに挑戦しているチームもありましたね☎お電話先の方への思いやりを持って、丁寧にお電話できるといいですね♪ チームによって進捗は様々ですが、今年もついに本格的な活動が始まっていきました!!たくさん悩んで、考えて、納得のいくものを創り上げてほしいなと思います。一見、高そうな壁に見えても、実は足元に通れる穴があいていたり、横の壁に変更したおかげでもっと素敵な景色が見えることもあるかもしれません。 悩むところからアイディアは広がっていきますので、ぜひ止まっている時間も楽しんでくださいね✨ 初代実行委員×2代目実行委員! 実行委員の活動には、初代実行委員を務めた先輩メンバーが参加してくれました!! 実行委員は、当日運営、広報・集客、プレゼンチームと役割が分かれています。それぞれの役割ごとに集まって、昨年大変だったことやアドバイスをしている先輩の頼もしい姿と、一生懸命先輩の話を聞きながら今年のイベントの成功に向けて気持ちの入った1年生の表情をみることができました✨ 柏の葉のみなさん!! 今年のテラスをてらそうフェスタもぜひ楽しみにお待ちください✨

わくわくデパートへようこそ!【講師:ミナトリー太田さん】(千葉県立小金高等学校さま) | キャリア教育

わくわくデパートへようこそ!【講師:ミナトリー太田さん】(千葉県立小金高等学校さま)

6/12(水)千葉県立小金高等学校・1年生向けに『わくWAKUデパートへようこそ!~自分の気持ちを知ろう~』ガイダンスを実施しました✨ 講師はミナトリーの太田奈津子さん🌱太田さんはミナトリーとして幅広く活動に協力してくださっています。 今回はタレントリーとして、ご自身のこれまでの経験やキャリアコンサルタントでのお仕事を活かして、高校1年生の生徒たちが自分の中にある“わくわく”へ気づき、未来の“働く”を少し身近に感じることのできるようなガイダンスを構成しました。 さっそくガイダンスの様子を見ていきましょう👀 ワクワクを考えるアイスブレイク🌈 ワクワクと聞いて思い浮かぶものと、ワクワクの対義語を考えてもらいました! 生徒たちは、 「ワクワク=楽しい/笑顔/面白そう/次回予告」 「対義語=びくびく/めんどくさい/つまらない」 と頭の中でその時の状況をイメージしながら、色々な言葉で表現してくれました! わくWAKUデパートへようこそ! 5~6名のグループを作り、会話を楽しみながらワークはスタート! 色々なお店や企業、商業施設が入っているわくWAKUデパートに行った時、「あなたはどこに行きたいですか?ルートを書いてみましょう!」という太田さんの声と共にペンを走らせる生徒たち。 別館の屋上にはフリースペースを用意し、自由に書き込めるようにしました。 猫cafe、ケーキ屋さん、プラネタリウム、ドーム、運動場、競馬場、英会話教室、会計士事務所など・・・自分が「ワクワクする」施設やお店を次々に書いてくれました✨ その後、一番ワクワクしたところをピックアップして、 「そこで何をしたいか?」 「そこにいる時にどんな気持ちになるのか?」 「関連する過去のエピソードは?」 「そこはどんな環境か?」 などの問いから、ワクワクの深堀りを行います。 働くを想像してみよう! 最後に、 「マップの中でどの場所で働きたい?」 「どんなポジションがいい?」 という問いを用意しました。 自分がワクワクしたところで働きたいという生徒もいれば、ワクワクと働く場所は別で考えたいという生徒もいました。 人それぞれ価値観は様々ですが、自分ってどうなんだろう?と考える時間に、自分が描く未来のヒントが眠っていると思っています🍀 現在、小金高校では探究学習を3年間のプログラムに落とし込んでいる最中です✨ 1年生では自分と向き合う時間が特に多いかと思いますので、色々な視点から自分を捉えていけるといいですね♪ 小金高校のみなさま、ありがとうございました!!  

『ハレかしぜみ Vol.4』企画をするプロセスを学ぶ!(千葉県立柏の葉高等学校さま) | キャリア教育

『ハレかしぜみ Vol.4』企画をするプロセスを学ぶ!(千葉県立柏の葉高等学校さま)

6/13(木)に、千葉県柏の葉高等学校・1年生向け探究授業「ハレかしぜみ」の第4回目のガイダンスがありました🌱今回はビジネスコンサルタントとして活動している株式会社コロコロ・代表取締役の松田俊明さんに登壇いただき、『企画をするプロセスを学ぶ』授業を実施いただきました!! 生徒のミッションである“参加した地域の方々がHAPPYになること”の実現に向けて、HAPPYを紐解きながら「誰に」「何を」「どのように」を思考し企画を具体化していきました。さっそく授業の様子を見ていきましょう✨ ウォーミングアップ💨 生徒たちは付箋を1枚ずつ取り、点を2つ書きます。 松田さんからは、 「2つの点を結ぶもっとも短い線を書いてください」 「2つの点を結ぶもっとも長い線を書いてください」 とアナウンスがありました。 生徒たちは思うがままに付箋に線を書いていきます。 「もっとも短い線は答えがあるが、もっとも長い線は答えがない」 短い線の方はみんな書きやすかったと思いますが、長い線の方はアイディアがあふれていて誰一人として全く同じ答えはありませんでした!今日の授業もそれぞれのアイディアを最大限に引き出し合っていけそうな楽しいウォーミングアップでした☺ ※付箋を使ったウォーミングアップは、書籍「ぐんぐん正解がわからなくなる! アート思考ドリル 若宮 和男著(実業之日本社)」から引用しています。 企画はアイディアを具体化すること! 大きな模造紙に円を書き、付箋を使って1、2、3を書き出していきます。 次に、今回のミッションでもある『来場者のHAPPY』を話し合い、自分のジャンルと関連させながら付箋に書き出していきます。 (例) 選んだテーマ:自然 来場者:老夫婦 HAPPY:懐かしい自然風景を思い出した時 選んだテーマ:スポーツ 来場者:社会人 HAPPY:日頃の運動不足を解消できた時 まずは考えやすい(身近な)人やこんな人にHAPPYになってもらいたい!という視点で考えていきます💡 それぞれのチームのHAPPYが集まったら来場者全体をHAPPYにすることに繋がりますね♪ 関連性があるものをみつけよう! これまでみんなが付箋を使って出してきたアイディアをいよいよ「企画」として形にしていきます✨ この3つのquestionが重なるところで企画ができると来場者も自分たちも楽しめる企画ができますね。 最後に、形になってきた企画を「よりよいもの」にするためにスパイス(どのように)を加えます! ここではチームのオリジナリティを思いっきり発揮できそうですね✨ 気付けばあっという間に2時間が終了していました・・・! 生徒はリラックスした雰囲気もありながら、夢中で授業を受けていました☺終了後生徒たちの活き活きとした表情を見て、自分たちで考えたことを形にするその過程に、多くの気づきや成長の種、将来のヒントを集めていけるきっかけが存在していると改めて感じました!! 今回学んだ「企画をするプロセス」は探究の授業以外でも活かせる場面がたくさんありそうですね🍀 松田さん、ありがとうございました✨    

【令和6年度版】第5回オンライン就活セミナーを実施しました!(カシマ教育グループ(鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校さま) | キャリア教育

【令和6年度版】第5回オンライン就活セミナーを実施しました!(カシマ教育グループ(鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校さま)

本日は、キャリアbase代表の草場が講師として登壇し、全国の鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校の生徒に向けた、オンライン就活セミナーを実施しました。 第5回目のテーマは『就職活動スケジュール、求人票の見方』です。 本日のアジェンダ 就職活動のスケジュールとポイント 求人票の見方 求人の探し方 求人情報が公開され、求人活動が本格的にスタートする7月1日まで2週間を切りました😲7月から夏休み期間にかけて、一次応募にむけた企業の職場見学も始まり、9月16日からは企業による選考の開始、早い生徒ですと内定報告も届き始めるという短期決戦のようなシーズンに入ります。 求人票の見方では、書かれている項目について一つずつ説明を聞きながら、自分が大事だと思う項目にマーカーを引いて、印をつけた中で優先順位を整理し、1位をみんなでチャットで共有しました! 第5回就活セミナーでは、全体のスケジュールの把握と求人票の見方のコツを学ぶなかで、自分の判断軸がどこにあるのかをそれぞれ確認していき、より具体的な就活準備の時間となりました。 実施後のアンケート 求人票で重要な箇所を理解出来た 求人票についてよく分からないことが多かったのでためになった 求人票には沢山情報が載っており、難しかったが説明を受けることで見方を理解できた 求人票の項目で自分が重要視するところが明確にわかった 求人票の見方は分かっていないと困るものだけど、今まで全く知らなかったので今回教えて貰ってよかった 何をすればいいのか何も分からなかったが、ちょっとずつわかるようになった 就活を、こんなに早く始めなければいけないんだと理解した 調べる、見に行く、比較するの三原則を覚え、夏休み中見学を3社行き、就職活動早めにすることが大切だと分かりました 職場見学の大切さが分かった まだぼんやりしてたから日程とか分かりやすかったのと、求人票がそんなに色々書かれていることを知らなかったから役に立った ご参加いただいた皆さま、ありがとうございます!

【第2回浦安探究ゼミ】“みんなでフットサルをやってみよう!”(千葉県立浦安高等学校さま) | キャリア教育

【第2回浦安探究ゼミ】“みんなでフットサルをやってみよう!”(千葉県立浦安高等学校さま)

6/6(木)、千葉県立浦安高等学校1年生向けの『第2回探究ゼミ』に、外部講師としてキャリアbaseあすリード部・倉持が登壇しました!今回も通信制非常勤講師や整体師として活躍されているミナトリー・松嶋さんにサポートいただきました⚽ 前回のオリエンテーション後、スポーツ探究学のゼミを希望してくれた27名のメンバーと、残り9回の授業に取り組んでいきます! 小さな“できた”の体験 まずは…みんなで「フットサル」をしました✨ 体育でも部活でもクラブチームでもない時間で思いっきりスポーツを楽しむ時間。 メニューの中には体の使い方やバランスのとり方を工夫するリレーや、チームでミッションクリアを目指すパスゲームを用意しました!クラスもバラバラなのでコミュニケーションのきっかけにもなったらいいなと思い、設計しました 試合では、1コートにボールを2個用意します⚽⚽ 2つのボールを見ながらプレーをするので難しいですが声をかけながら守ったり、攻めたり、真剣勝負が繰り広げられていました!! 最後はゴールの淵の白いところ(バー&ポスト)当てゲームを行いました。 全員が見守る中、1人ずつ蹴っていきます…緊張感あふれるステージ… 見事ポストに当てた生徒にみんなから大きな拍手が送られました👏 「悔しい~!」「もう1回やりたい~!」という生徒もいましたね☺ぜひチャレンジしてみてくださいね♪   共通点探し👀 グロービス経営大学院の講師でありミナトリーとしても幅広く活動に参画してくださっている「中村直太さん」直伝のアイスブレイク&コミュニケーション手法「共通点探し」。 自己開示、他者理解、ヒアリング力、傾聴力などが必要となる「共通点探し」で、生徒たちは楽しみながら互いの距離をぐっと縮めることができていたように感じました🌼 最初のステップは…“広げる” テーマを決める前にまずは生徒たちの内側にあるものを言語化し、その過程の中で自分のテーマのヒントを拾っていってほしいなと思い、 「好きなこと」「興味のあること」「気になること」 「やったことないけどやってみたいこと」「この探究授業が終わった時どうなっていたいか」 など自由に考えてもらいました💭 このゼミでは「挑戦」をひとつのキーワードにしています。リアルな体験こそが価値のある経験となり、いつか生徒たちの将来に役立つ時が来ると思っているので、思いっきり一歩を踏み出せるよう一緒に模索していきたいと思います。 次回は6月27日! よろしくお願いします!!

【令和6年度版】第4回オンライン就活セミナーを実施しました!(カシマ教育グループ:鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校さま) | キャリア教育

【令和6年度版】第4回オンライン就活セミナーを実施しました!(カシマ教育グループ:鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校さま)

本日は、キャリアbase代表の草場が講師として登壇し、全国の鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校の生徒に向けた、オンライン就活セミナーを実施しました。 本日、最初の質問コーナーの中では、「継続できるコツを知りたい!」という声がありました👀 質問を受けて草場からは「継続も大事だけれど、3日坊主も大事だと思います。とりあえずやってみて、続くのかやっぱり違うと気付くのかとなるので、興味があるものがあれば、いろんなことにチャレンジしてみましょう」とお答えさせていただきました! さて、第4回目のオンライン就活セミナーのテーマは『自分がどんな仕事に向いているのか理解する』です。 本日のアジェンダ じぶんのRIASECとエゴグラム結果を観察してみよう 街にある職業をイメージしてみよう 最近生まれた職業ってどんなものがるだろう? 自分に合いそうな仕事を仕事内容から予想してみよう。 自分に合いそうな仕事を仕事内容から予想してみるワークを通して、どの業種にも自分につながる仕事内容があることを学びました。   (実施後のアンケートより) 就職の不安を少し解消出来た アパレルや飲食の仕事の内容について詳しく知れた 将来のことが少し想像ついた 自分に何の職が向いているか考えることができた 様々な職種が世界にはあるのだなと感じたし、自分でも可能性のある職種を探せる良い機会になった 診断で出た結果で、私のなりたい職業が出てきて、向いてるかも、って自信が湧いてきた 就職に対する意識と職種の視野が広がった 自分が就きたい職業は決まっているが、セミナーに参加して就職に対する意識がさらに高まった 本日もたくさんご参加いただきありがとうございます!!  

『ハレかしぜみ Vol.3』対話を重ねてチーム決め!(千葉県立柏の葉高等学校さま) | キャリア教育

『ハレかしぜみ Vol.3』対話を重ねてチーム決め!(千葉県立柏の葉高等学校さま)

5/23(木)に、千葉県柏の葉高等学校・1年生向け探究授業「ハレかしぜみ」の第3回目のガイダンスがありました🌱 さっそく授業の様子を見ていきましょう👀 Creative Aikido 今回のファシリテーターは産業技術総合研究所人間拡張研究センター・小島さん。 小島さんがマイクを持ち、生徒達の前に立つと、みんな一斉に静かになり、目を輝かせて今日の流れの説明を聞いていました✨ 小島さんと倉持さんによって「Creative Aikido」の見本が行われました🎤✨ Creative Aikidoとは、相手の提案を受け入れ、さらにそこに自分のアイディアを付け足し再提案することを繰り返す対話方法です! 小島さん「今日は天気が良いので、アクアテラスにお弁当を持ってお出かけしませんか?」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 倉持さん「アクアテラスでお弁当いいですね!そしたら、そのお弁当を一緒に作りませんか?」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 小島さん「いいですね!僕も料理が得意なので作りたいのです!そしたらお弁当の食材を、柏の葉で集めてみませんか?」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 倉持さん「いいですね!柏の葉にもたくさん美味しい物がありそうですね!そしたら、2人だけでは集まりきらないかもしれないので、1年生のみんな240人連れて行きませんか?」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 小島さん「それいいですね!240人もいたら、いろいろな食材が集まりそうなので、今からみんなで食材集めに行きましょう!」 …このように対話を通じてアイディアを広げていきます! ジャンルに分かれて対話(ワールドカフェ) 入学してから約1ヶ月の生徒たちは少し緊張しながらも、まずは自分がやってみたいジャンルの場所へ移動! 集まった生徒同士、Creative Aikidoを意識しながら「どんな挑戦をしてみたいか」話し合います。 〜7つのジャンル〜 1.食べ物 2.ゲーム 3.パフォーマンス 4.ファッション 5.スポーツ 6.自然 7.ものづくり 対話中の約束は、「楽しむこと」「友達の話をよく聞くこと」🌈 生徒達で話し合い、質問しながらお互いのアイディアを深堀していましたね! 先生たちも生徒から出てくる斬新なアイディアを楽しそうに聞きながら、自分だったらどうするだろう?という視点で関わってくださる姿が印象的でした! 体育館をぐるぐる回っていると生徒から、"筋トレのブースを作ってみたい"というアイディアがありました! 天気の良い日に、アクアテラスで筋トレ🏋️‍♀️💪想像しただけでも最高に気持ち良さそうです✨ 意外なところからアイディアが生まれる! 自分のしてみたいこと(挑戦)を考えるために、まずは好きなことを見つけてみよう!というワークがありました。 “自分の好きなこと”が分からない生徒がいて、「寝ること・・・くらいかな・・・?」と悩んでいる様子。でも視点を変えてみると、素敵なアイディアになると思うんですよね。 例えば「寝る」ことが好きな生徒は、アクアテラスの一部にお花をたくさん咲かせて「フラワーベッドでリラックスして眠れる」場所を作ったり、水の上に浮き輪のベッドを作ってまるで海に浮かぶ「ヨットでお昼寝しているような感覚」の場所を作ったり! 一見、広がらないだろうなぁと思うものこそ「ゼロから1が生まれる」可能性を秘めていると思います。ぜひ枠に、常識に、囚われず思いっきり考えてみてください💭 実行委員メンバーも決まり、実行委員の中で挑戦したいことや集客目標などについて話し合っていましたね! プレゼンや広報活動、当日運営や集客プランなど…ぜひ色々なことに挑戦しながらみんなを引っ張っていってください☺ また、この日は『ハレかしぜみ』のプロジェクト開発にお力添えいただいた、株式会社コロコロ・松田さんにもご参加いただきました! 松田さん、ありがとうございました✨ 次回のハレかしぜみは6/13(木)です🍀 ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー ✎今回のブログ記事ライター/ミナトリー“まなてぃさん” ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

お問い合わせ お問い合わせ

ご相談、ご質問に関しては
下記のフォームよりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ お問い合わせ
お問い合わせ