・年間カリキュラム

blog
【第2回浦安探究ゼミ】“みんなでフットサルをやってみよう!”(千葉県立浦安高等学校さま) | キャリア教育

【第2回浦安探究ゼミ】“みんなでフットサルをやってみよう!”(千葉県立浦安高等学校さま)

6/6(木)、千葉県立浦安高等学校1年生向けの『第2回探究ゼミ』に、外部講師としてキャリアbaseあすリード部・倉持が登壇しました!今回も通信制非常勤講師や整体師として活躍されているミナトリー・松嶋さんにサポートいただきました⚽ 前回のオリエンテーション後、スポーツ探究学のゼミを希望してくれた27名のメンバーと、残り9回の授業に取り組んでいきます! 小さな“できた”の体験 まずは…みんなで「フットサル」をしました✨ 体育でも部活でもクラブチームでもない時間で思いっきりスポーツを楽しむ時間。 メニューの中には体の使い方やバランスのとり方を工夫するリレーや、チームでミッションクリアを目指すパスゲームを用意しました!クラスもバラバラなのでコミュニケーションのきっかけにもなったらいいなと思い、設計しました 試合では、1コートにボールを2個用意します⚽⚽ 2つのボールを見ながらプレーをするので難しいですが声をかけながら守ったり、攻めたり、真剣勝負が繰り広げられていました!! 最後はゴールの淵の白いところ(バー&ポスト)当てゲームを行いました。 全員が見守る中、1人ずつ蹴っていきます…緊張感あふれるステージ… 見事ポストに当てた生徒にみんなから大きな拍手が送られました👏 「悔しい~!」「もう1回やりたい~!」という生徒もいましたね☺ぜひチャレンジしてみてくださいね♪   共通点探し👀 グロービス経営大学院の講師でありミナトリーとしても幅広く活動に参画してくださっている「中村直太さん」直伝のアイスブレイク&コミュニケーション手法「共通点探し」。 自己開示、他者理解、ヒアリング力、傾聴力などが必要となる「共通点探し」で、生徒たちは楽しみながら互いの距離をぐっと縮めることができていたように感じました🌼 最初のステップは…“広げる” テーマを決める前にまずは生徒たちの内側にあるものを言語化し、その過程の中で自分のテーマのヒントを拾っていってほしいなと思い、 「好きなこと」「興味のあること」「気になること」 「やったことないけどやってみたいこと」「この探究授業が終わった時どうなっていたいか」 など自由に考えてもらいました💭 このゼミでは「挑戦」をひとつのキーワードにしています。リアルな体験こそが価値のある経験となり、いつか生徒たちの将来に役立つ時が来ると思っているので、思いっきり一歩を踏み出せるよう一緒に模索していきたいと思います。 次回は6月27日! よろしくお願いします!!

【令和6年度版】第4回オンライン就活セミナーを実施しました!(カシマ教育グループ:鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校さま) | キャリア教育

【令和6年度版】第4回オンライン就活セミナーを実施しました!(カシマ教育グループ:鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校さま)

本日は、キャリアbase代表の草場が講師として登壇し、全国の鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校の生徒に向けた、オンライン就活セミナーを実施しました。 本日、最初の質問コーナーの中では、「継続できるコツを知りたい!」という声がありました👀 質問を受けて草場からは「継続も大事だけれど、3日坊主も大事だと思います。とりあえずやってみて、続くのかやっぱり違うと気付くのかとなるので、興味があるものがあれば、いろんなことにチャレンジしてみましょう」とお答えさせていただきました! さて、第4回目のオンライン就活セミナーのテーマは『自分がどんな仕事に向いているのか理解する』です。 本日のアジェンダ じぶんのRIASECとエゴグラム結果を観察してみよう 街にある職業をイメージしてみよう 最近生まれた職業ってどんなものがるだろう? 自分に合いそうな仕事を仕事内容から予想してみよう。 自分に合いそうな仕事を仕事内容から予想してみるワークを通して、どの業種にも自分につながる仕事内容があることを学びました。   (実施後のアンケートより) 就職の不安を少し解消出来た アパレルや飲食の仕事の内容について詳しく知れた 将来のことが少し想像ついた 自分に何の職が向いているか考えることができた 様々な職種が世界にはあるのだなと感じたし、自分でも可能性のある職種を探せる良い機会になった 診断で出た結果で、私のなりたい職業が出てきて、向いてるかも、って自信が湧いてきた 就職に対する意識と職種の視野が広がった 自分が就きたい職業は決まっているが、セミナーに参加して就職に対する意識がさらに高まった 本日もたくさんご参加いただきありがとうございます!!  

『ハレかしぜみ Vol.3』対話を重ねてチーム決め!(千葉県立柏の葉高等学校さま) | キャリア教育

『ハレかしぜみ Vol.3』対話を重ねてチーム決め!(千葉県立柏の葉高等学校さま)

5/23(木)に、千葉県柏の葉高等学校・1年生向け探究授業「ハレかしぜみ」の第3回目のガイダンスがありました🌱 さっそく授業の様子を見ていきましょう👀 Creative Aikido 今回のファシリテーターは産業技術総合研究所人間拡張研究センター・小島さん。 小島さんがマイクを持ち、生徒達の前に立つと、みんな一斉に静かになり、目を輝かせて今日の流れの説明を聞いていました✨ 小島さんと倉持さんによって「Creative Aikido」の見本が行われました🎤✨ Creative Aikidoとは、相手の提案を受け入れ、さらにそこに自分のアイディアを付け足し再提案することを繰り返す対話方法です! 小島さん「今日は天気が良いので、アクアテラスにお弁当を持ってお出かけしませんか?」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 倉持さん「アクアテラスでお弁当いいですね!そしたら、そのお弁当を一緒に作りませんか?」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 小島さん「いいですね!僕も料理が得意なので作りたいのです!そしたらお弁当の食材を、柏の葉で集めてみませんか?」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 倉持さん「いいですね!柏の葉にもたくさん美味しい物がありそうですね!そしたら、2人だけでは集まりきらないかもしれないので、1年生のみんな240人連れて行きませんか?」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 小島さん「それいいですね!240人もいたら、いろいろな食材が集まりそうなので、今からみんなで食材集めに行きましょう!」 …このように対話を通じてアイディアを広げていきます! ジャンルに分かれて対話(ワールドカフェ) 入学してから約1ヶ月の生徒たちは少し緊張しながらも、まずは自分がやってみたいジャンルの場所へ移動! 集まった生徒同士、Creative Aikidoを意識しながら「どんな挑戦をしてみたいか」話し合います。 〜7つのジャンル〜 1.食べ物 2.ゲーム 3.パフォーマンス 4.ファッション 5.スポーツ 6.自然 7.ものづくり 対話中の約束は、「楽しむこと」「友達の話をよく聞くこと」🌈 生徒達で話し合い、質問しながらお互いのアイディアを深堀していましたね! 先生たちも生徒から出てくる斬新なアイディアを楽しそうに聞きながら、自分だったらどうするだろう?という視点で関わってくださる姿が印象的でした! 体育館をぐるぐる回っていると生徒から、"筋トレのブースを作ってみたい"というアイディアがありました! 天気の良い日に、アクアテラスで筋トレ🏋️‍♀️💪想像しただけでも最高に気持ち良さそうです✨ 意外なところからアイディアが生まれる! 自分のしてみたいこと(挑戦)を考えるために、まずは好きなことを見つけてみよう!というワークがありました。 “自分の好きなこと”が分からない生徒がいて、「寝ること・・・くらいかな・・・?」と悩んでいる様子。でも視点を変えてみると、素敵なアイディアになると思うんですよね。 例えば「寝る」ことが好きな生徒は、アクアテラスの一部にお花をたくさん咲かせて「フラワーベッドでリラックスして眠れる」場所を作ったり、水の上に浮き輪のベッドを作ってまるで海に浮かぶ「ヨットでお昼寝しているような感覚」の場所を作ったり! 一見、広がらないだろうなぁと思うものこそ「ゼロから1が生まれる」可能性を秘めていると思います。ぜひ枠に、常識に、囚われず思いっきり考えてみてください💭 実行委員メンバーも決まり、実行委員の中で挑戦したいことや集客目標などについて話し合っていましたね! プレゼンや広報活動、当日運営や集客プランなど…ぜひ色々なことに挑戦しながらみんなを引っ張っていってください☺ また、この日は『ハレかしぜみ』のプロジェクト開発にお力添えいただいた、株式会社コロコロ・松田さんにもご参加いただきました! 松田さん、ありがとうございました✨ 次回のハレかしぜみは6/13(木)です🍀 ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー ✎今回のブログ記事ライター/ミナトリー“まなてぃさん” ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

【令和6年度版】第3回オンライン就活セミナーを実施しました!(カシマ教育グループ:鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校さま) | キャリア教育

【令和6年度版】第3回オンライン就活セミナーを実施しました!(カシマ教育グループ:鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校さま)

本日は、キャリアbase代表の草場が講師として登壇し、全国の鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校の生徒に向けた、オンライン就活セミナーを実施しました。 第3回目のテーマは『エゴグラム編』です。最初に、前回寄せられた質問や不安についてお話させていただきました! 毎年寄せられる質問に「履歴書に通信制高校と書くことで、企業はどういう印象になるのか」というのがあります。 現代の企業の社長の多くは、自分の高校生時代にあまり通信制高校がなかったので“通信制高校についてよくわからない”、というところが未だ多くあります。 今は、10人に1人は通信制高校に通っており、社会でよく知られているためその点は深く気にしなくてOKだと伝えました。また、企業とのやりとりの中で、転校理由を聞かれるケースもあります。その際は可能であれば素直に経緯を話し、今自分が通信制高校で得られたものを伝えられることが大切だと話しました。 本日実施したTAエゴグラムは、じぶんの性格を図表化し、目に見える化する自己分析テストです。 TA=Transactional Analysis(交流分析)の略 エゴ=自我(自分の意思や心) グラム=図表  今現在の人と関わるときの思考や感情、行動のクセや傾向を診断することで自身の性格傾向を把握し、自分自身や他人に対する態度の傾向を俯瞰して見つめていきます。 エゴグラムは変化していくものです。 自分のなりたい自分イメージや、周りの状況、職業や立場などでエゴグラムは少しずつ人生経過と共に変わっていきます。今すでに変わりたいところがある人は、どこの要素を高め、どこの要素を下げていきたいかなどを挙げ、そこが高かったり低い人のマネをすると近づいていくことをお伝えしました。 実施後のアンケートにはそれぞれの視点でいろいろな発見の声が寄せられました。 自己分析をする事で、改めて自分のプラス面もマイナス面と知ることができた 自分に足りない部分について分かった 自分の知らない自分の性格がわかった グラフにして見るのは分かりやすかった 話を聞けたことで未来が見えた 自分では一から考えるのが難しいが、こういった機会を通して考えることができた 1人1人の個性が分かった 今後就職するので参考になった じぶんノートを使うことで自分自身について知ることができた 一人暮らしをしたいとずっと思っていて、そのための就職についてとても悩んでいるので少しでも色んな話を聞けて安心した 質問コーナーで同年代の人たちの悩みや不安が聞けて共感できた 性格は変えていけることがわかった 本日もたくさんご参加いただきありがとうございます!!  

【第1回浦安探究ゼミ】“オリエンテーション”(千葉県立浦安高等学校さま) | キャリア教育

【第1回浦安探究ゼミ】“オリエンテーション”(千葉県立浦安高等学校さま)

5/9(木)、千葉県立浦安高等学校1年生の『第1回探究ゼミ』に、外部のゼミ講師としてキャリアbaseあすリード部・倉持が登壇しました! 浦安高校の探究学習プロジェクト“探究ゼミ”とは? 生徒が自分の興味関心のある専門分野を選択し、主体的学びを通じて、将来の進路に役立てる授業です。 講師は大学教員や専門家の方々などに依頼をしており、学ぶ分野は、国際関係、日本文化、観光学、心理学、社会福祉学、マネーデザイン、幼児教育、街づくり、生活社会学、物理学、スポーツ分野など多岐に渡ります。 10回の授業で構成された年間プログラムとなっており、浦安高校の伝統的な授業です。 『スポーツ×〇〇』ゼミ 今回キャリアbaseでは【スポーツ探究学】というゼミ名で進めていこうと思います! キーワードは「スポーツ」 〇〇には自分の興味のあることを掛け合わせる 学校外で何かしらの挑戦をする 自分たちで決めてアクションを起こしてみる スポーツに興味のある生徒もない生徒も大歓迎。色々な視点で考え、アクションを起こしてほしいと思っています。 上手くいく、いかないはそれほど重要ではなく、そこに行きつくまでの過程や、その体験から自分は何を得ることができたのかという部分が生徒たちの将来に活きてくると考えています。「やったことのないことに挑戦してみる」体験は自分に自信を持たせてくれます。これから生徒からどのようなアイディアが出てくるのか楽しみです。 浦安高校・探究ゼミはサポーターとしてミナトリー・松嶋さんにお力添えいただきます☺✨ 体育館でオリエンテーション 第1回の授業は各専門分野の先生方が体育館にブースを構え、生徒が事前に選択したゼミの説明を聞く(4回)形で進みました!どのゼミも興味深い内容で、私も他のゼミの説明を聞きに行きたい気持ちになりました。笑 オリエンテーションの最後に学年の先生からは、「自分の興味のあるゼミを選ぶようにしてください」というアナウンスがありました。 年間10回の授業を多いと思うか、少ないと思うかは人それぞれですが、生徒たちが自分と向き合い、熱中してゼミの時間を過ごせるよう、工夫していきたいと思います🌱 第2回の授業は6/6(木)に実施します。 次回、私のゼミは「フットサルをやってみよう」ということでみんなでフットサルをする時間を授業の中に入れています⚽体育でもない、部活動やクラブチームでもない時間で行うスポーツを楽しみ、交流し、お互いのことを知っていただく機会になればと思っています✨

【令和6年度版】第2回オンライン就活セミナーを実施しました!カシマ教育グループ(鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校さま) | キャリア教育

【令和6年度版】第2回オンライン就活セミナーを実施しました!カシマ教育グループ(鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校さま)

本日は、代表の草場が講師として登壇し、全国の鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校の生徒に向けた、オンライン就活セミナーを実施しました。 第2回目のテーマは『RIASEC編』。 セミナー前には、第1回目に寄せられたたくさんの質問に答えるところから始まり、キャンパスや自宅から参加いただいた、全国160名以上の生徒たちと一緒に自己理解に取り組みました。 RIASECは今現在の性格タイプに基づく、向いている仕事の方向性を知る適性テストであり、 “自分がこれからどういう風に変わっていきたいか” “なりたい大人像に出逢ったら、性格も変化する” という可能性もお伝えし、今現在の自分を知る時間となりました。 今年のRIASECでは、診断結果を見る際に、タイプ関係なく自分にしっくりくるキーワードにマーカーチェックをそれぞれ入れていき、結果と比較しながら観察していきました。「思っていたのと違った!」など意外な結果が出た生徒も、ギャップに気づきがあったり、周囲からすると意外じゃないものだったりと、様々な視点で気づきに繋がりそうな時間となりました。 実施後のアンケートでは 自分では考えにくいことを授業を通して考えることができた 将来について考えたいと思った 診断をすることによって、自分に合った職業や、向いているものが分かった 自分が思っていたことと違う回答が出て、いろんなことがわかった 自分の気になっている進路にピタリと当てはまっていたので、自分の進みたい進路に自信がついた 自分の将来の夢は決まっているが、その夢に向けて自分の潜在能力や向き不向きなど、再度考える機会が出来て良かった 漠然とした悩みが、自身がどういう人間で、どういう風になりたいかの大まかな検討がついた様な気がします 就活セミナーで新しい自分を発見した。 これからどうして行けばいいのか分からなかったけど、お話を聞いて自分に合っている職業を知ることができたし、これからどうしていこうか自分の中で目標ができた 自分の向いてる仕事を調べるのが楽しかった など、多くの嬉しい声をはじめ、それぞれの不安、相談が届きました!! 本日もたくさんご参加いただきありがとうございます!!    

『ハレかしぜみ Vol.2』柏の葉という地域を知ってアイディアを膨らまそう!(千葉県立柏の葉高等学校さま) | キャリア教育

『ハレかしぜみ Vol.2』柏の葉という地域を知ってアイディアを膨らまそう!(千葉県立柏の葉高等学校さま)

4/25(木) に、千葉県立柏の葉高等学校・1年生向け探究授業「ハレかしぜみ」第2回目のガイダンスを実施しました🌱 第2回目のテーマは「柏の葉の地域を知ろう!」 地域への理解を深め、今年のミッションである『参加した地域の方々がHappyになること』のアイディアを膨らませていきます。今回は柏の葉キャンパス駅西口にあるUDCK柏の葉アーバンデザインセンター・糸島唯さんに登壇いただきました✨ 〇UDCK 柏の葉アーバンデザインセンターとは? 2006年11月20日、千葉県柏市北部「柏の葉地域」における公民学が連携したまちづくりの拠点として、柏の葉キャンパス駅西口前に開設されました! 柏市、柏商工会議所、田中地域ふるさと協議会、柏の葉地域ふるさと協議会、三井不動産、首都圏新都市鉄道、東京大学、千葉大学の8つの「構成団体」により、共同で運営されています。 <UDCKの3つの機能> ・新たなまちづくりに係る「調査・研究・提案」を行うシンクタンクとしての機能 ・実際のまちづくりの「調整・支援」を行う事業推進コーディネイターとしての機能 ・そしてこれらを市民や社会に対して発信し、参画を促す「情報発信」機能 講師の糸島さんは地域特化型イベント掲載アプリ「かわらの葉」を制作されました。 この「かわらの葉」には地域の方々の声がたくさん届きます。昨年第1回テラスをてらそうフェスタを実施した後も地域の参加者のみなさまから、「またやってほしい」「なぞときが楽しかった」「親子で参加しました!」など、嬉しいお声をいただきました! 地域の方々がHappyになるアイディアを出してみよう! 地域のレクチャー終了後はアイディアタイムスタート✍    「今、柏の葉にないものはなにがあるんだろう?」  「こんなものがあったら地域の方たちがHappyになりそう!」  「通学途中にどんな人が街にいるかな?」 いろいろな視点から考えます💭 発表では、 「地域レクチャーで土地が足りていないと言っていたので、建物を高くしたらよいのではないか!?」 「柏の葉では春にお祭りをしているから、秋にもお祭りみたいなものを開催したら親子で楽しめると思いました!」 「柏の葉のゆるキャラを作って、地域の人がもっと街を好きになるきっかけをつくったらいいと思います!」 「柏の葉は建物や商業施設があって夜も明るいので、プラネタリウムを作ったら地域の方が喜んでくれるのはないか!?」 といろいろな意見が出てきていました✨どれも素敵なアイディアで今後どのようにカタチになっていくのかワクワクしました!!! 他にも「コンビニ・プリクラ・カラオケ」など高校生が遊べる場所は柏の葉キャンパス駅周辺に少ないという意見も上がっていました。テラスをてらそうフェスタで1日限りの“カラオケスペース”や“プリクラスペース”が出来たら・・・ 高校生だけでなく親子、おじいちゃん・おばあちゃん、またプリクラを経験したことのない小さなお子さん、幅広い年齢の皆さんが楽しめて、 その日ならではの思い出ができそうだなぁと思いました。このアイディアも楽しみです!! みんなが向き合っている“問”に正解はありません。なんなら全部正解です!これからの授業でも自由に考えて、楽しみながら、本気で取り組んでいってほしいなぁと思います☺ 今回のブログはミナトリー・戸井田さんが手伝ってくださりました✨戸井田さんありがとうございました!! 次回は5/23です🍀

【令和6年度】第1回オンライン就活セミナーを実施しました! | キャリア教育

【令和6年度】第1回オンライン就活セミナーを実施しました!

本日は、代表の草場が講師として登壇し、全国の鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校の生徒に向けた、オンライン就活セミナーを実施しました。 第1回目のテーマは『進路(進学・就職)の決め方編』。全国の高校3年生を中心に、次に進む場所についてそれぞれイメージを膨らませる時間となりました。 〇本日のセミナーの目的:~じぶんの「進路」を広い視野で見つめ“近い未来”を迎えに行く準備を始める~ 【本日のセミナーの流れ】 進路の変化を見てみよう 大学・専門学校・就職の特徴と違い 草場さんのこれまでの進路の変化を見て、進路は変化するということを知っていただき、主な3つの進路(大学・専門学校・就職)について、メリットをチャットで書き出していきながら共有&見つめてみる時間となりました。 Q:大学 時間をかけて学ぶことができる 将来の選択肢が増える/職の幅が広がる 専門的に学問を学べる 就職に強い/大学卒業という実績ができる やりたいことを考える時間にもなる レベルの高いものが学べる 自分の興味がある分野をじっくり学べる/興味あることを極められる 給料が増える 資格を取れる 選択肢や視野が広がる 遊べる Q:専門学校 自分のやりたいことが仕事につながる可能性がある 夢や興味のあることについて深く学べる 一つのことを深く学べる/深く狭く学べる 就きたい仕事の勉強ができる/特化した専門性を取得し、その分野での就職の道筋がある 専門的に学べて、進路が決まりやすい 専門的な資格が取りやすい 専門のところに就職できる可能性が高まる 即戦力になれる/特定の職業のスキルが身につく 自分の技術を身につけ仕事にできる Q:就職 早く自立して親孝行できる 早く社会経験を積むことができる 進学費用がかからない 早く経験を積める 早い段階で社会人を経験できる 早くからお金を稼げる 同世代の人たちよりも早く社会の信用を得られる 早いタイミングで働く力がつく/自分の力を早くから発揮できる すぐにお金を自由に使える 自立/自分で動けるようになる 現場仕事で職人になるには学歴より経験 Q:後悔しない進路選択をするには? 早いうちから色々調べて考える よく見ることで「そうとは思わなかった」をなくす 就職までに必要な資格を取る 自分の特性を知る やりたいことが見つかるのが一番だが、本当にこれでいいのか、というのは分からないので、興味がある分野かどうかで決めても良いと思う 各進路のデメリットメリットを理解する よく調べて、進んだその先のことも考える 調べたり誰かに相談したりして頼る やりたいことを見つけて目標を立てる/根本的に何をやりたいのか考える 自分のやりたいこと、学びたいこと、なりたい職業に合った進路を主体的に選択する/今自分がしたいことを考える いろんなことを経験していきかんがえる ゆっくり慎重に決める 〇最後に今日覚えて帰ってほしい進路選択の3つのキーワードを共有しました。 ①調べる ②見に行く ③比較する “どんな時に自分は周りから「ありがとう」と言われることがあるのか?”という視点で進路を考えるのも、ポイントの1つであることもお伝えしました。 本日も全国から多くの生徒の皆様にご参加いただき、ありがとうございました!!

『ハレかしぜみ Vol.1』柏の葉アクアテラスでオリエンテーション!(千葉県立柏の葉高等学校さま) | キャリア教育

『ハレかしぜみ Vol.1』柏の葉アクアテラスでオリエンテーション!(千葉県立柏の葉高等学校さま)

4/18(木)に、千葉県立柏の葉高等学校・1年生向け探究授業「ハレかしぜみ」第1回目のガイダンスを実施しました🌱 ハレかしぜみってどんなプログラム? ハレかしぜみは、地域の子どもたちを地域で育み、街の魅力発見や未来活性に繋がる活動をする変形自在の育成型プログラムです。 生徒たちは“答えのない問い”に向き合い、考える力を養いながら、先生方や地域のみなさんと一緒に創り上げていきます。 昨年11月に、「柏の葉アクアテラスが地域の方々あまり使われていない」という地域の課題解決を目指して、街文化祭「テラスをてらそうフェスタ」を実施した柏の葉高校1年生。 (第1回テラスをてらそうフェスタの様子はこちら) 新1年生にバトンが渡り、今年も『第2回テラスをてらそうフェスタ』に挑戦します。 アクアテラスでランチタイム🍱 まずは「舞台となるアクアテラスを知ろう」ということで、生徒も先生も伴走者もアクアテラスに大集合! みんなそれぞれ気になるところ、好きなところを見つけて座り、ランチライムが始まりました♪ オリエンテーションでは初代実行委員が登場✨ 昨年、実行委員を務めた18名が登場してくれました! 準備期間、そしてテラスをてらそうフェスタ当日も来場者のみなさんや生徒のことを考え、リーダーシップを発揮し続けてくれた実行委員メンバー。 実行委員メンバーが背中で示してくれた責任感が周りの生徒にも浸透して、大きなエネルギーを伝播してくれていました。そんな先輩たちの登場に新1年生からは憧れのまなざしが集まっていましたね☺本気でやったからこそ、自信を持って堂々とお話しするみんなの姿がとても頼もしかったです!! 今年のミッション 今年のミッションは“参加した地域の方々がHappyになること”です。 参加した方にとってのHappyってなんなんだろう? Happyにもいろいろありますよね。 今後の授業で生徒たちからどんなアイディアが出てくるのか楽しみです! この授業は生徒が主役です。 今までやったことのないこと、本当はやってみたいけどできていないこと、全部チャレンジしてみてほしいと思います。自分で決めて行動したからこそ得るものがたくさんあります。失敗も恐れず、むしろ失敗すら楽しんで、友達と支え合いながら楽しんで挑戦していきましょう!! 産総研・小島さんによる自己探求ワーク💭 6限は日本最大級の公的研究機関・産業技術総合研究所 人間拡張研究センターに所属している小島さんに登壇いただきました! 今回のミッション“参加した地域の方々がHappyになること”に向けての一歩として、まずは自分たちの好きなこと・得意なことを見つけてシェアするワークを行いました! 自分の好き・得意を楽しそうにシェアする生徒たち✨ その後、自分の興味のあるジャンル(ゲーム、自然、食べ物、ファッション、パフォーマンス、スポーツ、ものづくり、実行委員)を選び、お互いの好き・得意をどうしたらそのジャンルでカタチにできそうか話し合いました! 本日もたくさんのサポーターにご参加いただき、明るい出発の日となりました!! みなさま、ありがとうございました!! 次回は4/25です! 今年の柏の葉高校にも注目です👀✨

ハレかしぜみ「テラスをてらそうフェスタ」まであと3日! | キャリア教育

ハレかしぜみ「テラスをてらそうフェスタ」まであと3日!

千葉県立柏の葉高等学校主催「テラスをてらそうフェスタ~水と葉っぱとわたしたち~」までいよいよ残り3日となりました✨ 今回の取り組みは、キャリアbaseがプロジェクトオーガナイザーとなり、柏の葉高校1年生が「地域の社会課題を解決する」PBL型学習(課題解決型学習)です。今年の4月から半年以上の時間をかけて育んできたプログラムで、当日は、柏の葉にあるアクアテラスで街文化祭を行います!ぜひ皆さま、11月2日は“テラスをてらそうフェスタ”へお越しください! 実行委員メンバーからのメッセージ こんにちは! 本日は千葉県立柏の葉高等学校1年生が、地域の社会課題解決に向けた町文化祭のご案内です! 『テラスをてらそうフェスタ~水と葉っぱとわたしたち~』 日時:11/2(木)11:00~15:00  場所:柏の葉アクアテラス この文化祭の準備は4月から始まりました。 最初はワクワクしている気持ちと同時に、本当にわたしたちが企画•運営してイベントができるのかという不安な気持ちもありましたが…UDCK 柏の葉アーバンデザインセンターの八崎さんによる地域レクチャーで町への意識が変わりました!話が進むにつれ、次第に実感が湧いてきました。 今はイベントの日が待ち遠しいです。準備の様子をこちらのブログから、ぜひご覧ください!! https://career-base.jp/blog/seminar/year/p5337/ 11月2日(木)柏の葉アクアテラスで待ってます🍃ぜひお越しください!!

【令和5年度版】オンライン就職セミナー『二次応募編』を実施しました!(鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校さま) | キャリア教育

【令和5年度版】オンライン就職セミナー『二次応募編』を実施しました!(鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校さま)

当団体代表の草場が講師として登壇し、全国の鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校の生徒に向けた、オンライン就職セミナーを実施しました。第7回目、最終回となる就職セミナーのテーマは、『二次応募編』! 授業の目的は「本当に自分に合った会社を見つけにいこう」です。 面接・試験が始まり早くも1か月となりました。 例年通り採用人数が少ない企業や人気のある企業では、選考を経て不採用結果も出ております。 運だったり相性だったりもありますが、行動することで未来を変えられ、自分に合う会社との出逢いに繋がることを伝えました。 【本日の流れ】 1.二次募集企業の特徴 2.複数応募 3.二次募集内定ポイント 1.二次募集企業の特徴 1.採用人数が多い企業 大人数の採用のため2回以上に分けて行う仕組みの企業 2.一次募集で高校生の応募が足りなかった企業 ・募集人数に対して、内定者が少なかった ・一次募集で集まった学生の中に採用基準を満たす人が少なかった  (募集職種に対して、欲しい特徴の人材が足りなかった企業) 人物を重視した採用が行われる傾向もあるため、自分の個性や特徴をもう一度整理しておくと対策しやすいです。 3.これから採用活動を開始する企業 ・高卒採用が初めての企業も多数 ・夏までの大卒採用に苦戦して高卒採用を再開する企業 ・退職者が出てそこを新卒採用で補うために追加で募集をかけた企業 2.複数応募 1人1社制は高卒採用ルールの基本ですが、東京などでは10月1日以降、企業が複数応募を認めた場合にのみ同時に2社の求人に応募できます。 複数応募可能な企業かどうかを判断する項目は、求人票の『4.選考』に『可』とあればOKです! 3.二次募集内定ポイント 一次募集の際に内定を出した顔ぶれから判断して、その中に足りない人材を二次募集の枠で求めたい企業が多いです。 判断基準が分からないと苦戦してしまうので、出来る限り職場見学でどんな人を二次募集では求めているのか、質問して面接対策に活かしましょう。 二次募集は、他の人で決まってしまったら随時募集が終了していきます。 企業のスケジュールに自分が合わせる意識で取り組みましょう! 内定を早くもらうことが就活の成功ではなく、本当に自分に合った会社を選ぶことが、一番大切です! ~最後の質問コーナーで出た質問たち~ 一次に落ちたから、次が受かるかどうか不安です 就職のメリットは何ですか 不定期で体調を崩しやすいですがこんな私でも就職できますか ブラック企業はどのくらいありますか 年間休日104日というのはどのくらい休みがありますか 二次募集の試験はいつから開始ですか? どんな結果も考え方や、行動次第で変化していきそうです! 高校生生活も残り半分ほどになりました。 今を大切に、そして自分の次の所属先に向けて一緒にゆっくり進んでいきましょう! 今年度の就職セミナーは本日で終了です。 半年間で7回実施させていただき、全国からたくさんの生徒、教職員の皆様に会える時間をいただきありがとうございます。 何か疑問や不安がよぎったり、話したいことが浮かんだら、10/20(金)夜21時~のよなよなふらっぽへ気軽に会いに来てください。 【10/20(金)21:00~】第1回よなよなふらっぽ♫zoomにて開催します📣

『ハレかしぜみ Vol.8』テラスをてらそうフェスタまであと1か月となりました!(千葉県立柏の葉高等学校さま) | キャリア教育

『ハレかしぜみ Vol.8』テラスをてらそうフェスタまであと1か月となりました!(千葉県立柏の葉高等学校さま)

9/28(木)に、千葉県立柏の葉高等学校・1年生向け探究授業「ハレかしぜみ」第8回のガイダンスがありました🌱 テラスをてらそうフェスタ~水と葉っぱとわたしたち~までいよいよ残り1か月となりました✨ 今回の取り組みは、柏の葉高校1年生が総合探究の授業で「地域の社会課題を解決する」PBL型学習(課題解決型学習)です。 柏の葉高校進路指導室・朝倉先生の「高校生のうちに失敗を恐れず色々なことに挑戦する機会をつくりたい」という思いと、協力団体のみなさまとディスカッションの後に完成した今回のプログラム。 柏の葉アクアテラスは、風通しも良く自然も保たれていてリラックスできる気持ちのよい場所にもかかわらず、実はコロナの影響であまり地域住民に活用されていないという現状があります。 そこで生徒がこの課題を解決するために、あらゆる視点から考えていきます💭 どんな人に、何を届けたいか?どうしたら『テラスをてらそうフェスタ』の後に地域の方がアクアテラスを利用してくれるようになるのか? アクアテラスの未来を想像しながら、少人数のチーム(全39チーム)+実行委員でアイディアを出し合い、地域のお店や施設、団体、企業、大学、インターナショナルスクールなど地域のみなさまと一緒に創り上げてきています!! 〇どんなチームがあるの? あるチームはゲームの景品として「手作りコースター」の作成を考えていました💭 その材料の確保のために柏の葉まちづくり協議会さんとコラボして、柏の葉駅前のマンションの住民さんから「着なくなったお洋服」を回収し、可愛いコースターの作成に取り掛かろうとしています👀✨ またあるチームは農家さんとコラボして、形が悪くて売りに出せない野菜をいただき、『テラスをてらそうフェスタ』に参加したみなさんに自分たちで考えたおすすめレシピ🍴と合わせて配布し、地域で活躍する農家さんにスポットを当て、地域の野菜への関心を高めようとしていました🍠 実行委員会でも外部団体さんへのプレゼンや当日運営の準備、動画制作、集客施策など、『テラスをてらそうフェスタ』本番に向けて着実に準備が進んでいます♪ 〇チラシが完成しました! 実行委員のPRチームの生徒がタブレットを使用して作成したチラシがこちら! アクアテラスの水辺の雰囲気がかわいらしく表現されています✨ たくさんの企業さんにご協力・協賛いただいていることに感謝しながら生徒たちは本番に向けて一生懸命、そして楽しみ、挑戦を繰り返しています! 高校生たちの挑戦に背中を押したい!という企業様・団体様がいらっしゃいましたら、あすリード部・倉持(くらもち)までいつでもお声掛けください✉🌱  連絡先:https://career-base.jp/contact/(問い合わせフォーム) キャリアbaseのX(Twitter)やInstagramでも今回の授業の様子をアップしているので、ぜひチェックしてみてください😊 X(Twitter):https://twitter.com/CAREER_base00 Instagram: https://www.instagram.com/career_base/ ーーーーー 第1回目「ハレかしぜみ」ガイダンスはこちら🍃 第2回目「ハレかしぜみ」ガイダンスはこちら🍃 第3回目「ハレかしぜみ」ガイダンスはこちら🍃 第4回目「ハレかしぜみ」ガイダンスはこちら🍃 第5回目「ハレかしぜみ」ガイダンスはこちら🍃 第6回目「ハレかしぜみ」ガイダンスはこちら🍃 「ハレかしぜみ ~夏休み編~」①はこちら🍃 「ハレかしぜみ ~夏休み編~」②はこちら🍃 「ハレかしぜみ ~夏休み編~」③はこちら🍃 第7回目「ハレかしぜみ」ガイダンスはこちら🍃 第9回目「ハレかしぜみ」ガイダンスはこちら🍃 第10回目「ハレかしぜみ」ガイダンスはこちら🍃 第11回目「ハレかしぜみ」ガイダンスはこちら🍃 第12回目「ハレかしぜみ」ガイダンスはこちら🍃 第13回目「ハレかしぜみ」ガイダンスはこちら🍃 第14回目「ハレかしぜみ」ガイダンスはこちら🍃

お問い合わせ お問い合わせ

ご相談、ご質問に関しては
下記のフォームよりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ お問い合わせ
お問い合わせ