ブログ

blog
「自分を好きになるガイダンス」を実施しました!(飛鳥未来高等学校さま) | ガイダンス

「自分を好きになるガイダンス」を実施しました!(飛鳥未来高等学校さま)

今回は、12月に実施した飛鳥未来高等学校池袋キャンパスの続きとして、まだ実施していないクラス向けに、“あすリード部”の倉持が講師として登壇し、「自分を好きになるガイダンス」を実施いたしました✨ “陽口イベント”では、キャリアbase手作りのひなたletterに“人のいいところ”を書き、本人に渡すグループワークを実施しています。先生も参加してくださり、生徒全員分書いて渡してくれました!先生からひなたletterをもらった生徒は嬉しそうな顔で、じーっとお手紙を眺めていたのが印象的でした🌱 飛鳥未来高校池袋キャンパスでは、ひなたletterを普段の授業にも取り入れてくださっているようです!人のいいところを見つける習慣ができると、考え方や関わり方にも変化が生まれてくると思います。 SNSやスマートフォンでのやりとりが増えている今の時代だからこそ、こうして自分の言葉を綴って、誰かに伝えることの大切さを改めて感じました✨

教職員向けセミナーを実施しました!(中山学園高等学校さま) | ガイダンス

教職員向けセミナーを実施しました!(中山学園高等学校さま)

本日は、福島雅史先生に講師として登壇いただき、中山学園高等学校にて教職員向けセミナーを実施しました✨ 福島先生は、キャリアコンサルタントの国家資格を持ち、1級&2級キャリアコンサルティング技能士、キャリア・ライフ代表、株式会社 Philosophy × Arts 専務取締役、国家資格試験対策講座の運営(セルフキャリアドック導入・中小企業支援)、NPO法人日本キャリアコンサルティング協会理事長など幅広くご活躍されています!新年最初のセミナーは「学校運営を活発化講座」と題して、同じ職場で働く教職員それぞれが、自らのキャリアを物語にしていくワーク・全体にシェアする相互理解から始まりました。 組織活性化の要素には、対話文化の水準を高め、世代間の融合度を上げれば学校運営が活発化し、個人と組織がWin-Winとなること、職場のコミュニケーションの向上、個人を元気にすること、その機会を提供することの大切さを全体で考えていきます📒 対話文化のレベルを高めるためのスキルとして、『ストローク』と言われる、人が人に投げかけるサイン(言葉や仕草など)について考えていきました。+(プラス)のストロークと−(マイナス)のストロークについて自身の経験を振り返りながらアウトプットし、それぞれの捉える+と−の違いをグループワークで話し合い、考え方や感じ方の違いに気づく貴重な時間となりました。 また、『ストロークバンク』という「+が+を、−が−を生み出す性質」を知り、最初に自分が発するストロークが+か−かによって、その後の人間関係や取り巻く環境が大きく変わること、それは「ストロークリザーブ」という、信頼関係や愛情が互いにどれだけあるかによって、例えば自分が失敗した際などの、相手の対応変化に繋がるということを学びました。 マイナス面についてはパワハラなどのハラスメントにも繋がるとし、2022年4月1日に中小企業において義務化したパワーハラスメント防止措置についても知識講習しました。今回のセミナーで学んだ、学校運営を活発化するために今すぐ実践できるポイントは3つです。 ①自分を他者に知ってもらうこと ②プラスのストロークを出せば自分自身に必ず返ってくること ③マイナスのストロークは出さないこと 参加された教職員の先生からは、 「自己開示をするのが苦手なので、良い機会になった」 「対話力を手に入れたいと思った」 「普段、意識的に考えていないことを思い出したり、共有する良い機会になった」 「プラスのストロークを出していきたい」 「同僚が何を考えているのか分かった」 「教職員でストロークについて考えるきっかけになった」 など、それぞれの視点で自己内省と、他者理解を深める時間となりました💡 ご参加いただいた教職員の皆様、福島先生ありがとうございました!

【みなと通信】第2号は…生徒がたくさん登場しました! | みなと通信

【みなと通信】第2号は...生徒がたくさん登場しました!

10月31日に配信したみなと通第2号は、生徒がたくさん登場しています! 9月に入ると、高校卒業後に就職を目指す生徒たちは面接などを迎えるため、就職活動が本格的になる時期です。第2号では実際にキャリアbaseで個別の就労支援をしている生徒の様子や、探究授業のメンターとしてサポートさせていただいた高校の生徒の探究内容をご紹介しています! 他の学校の生徒の様子や、授業の取り組みを知る機会はそう多くないので、自分と同じように就職活動を頑張っている生徒の存在を知って勇気をもらったり、似たような生徒の対応している先生方のヒントや支えになったり、他校の取り組みに刺激を受けるきっかけになればいいなと思い制作を進めました🌱 全国で活躍しているトランスジェンダー3人組のYouTube『ミュータントウェーブ。』さんも、インタビューに協力&登場してくれました! 「1人1人個性がありみんな違ってみんないいに気づくきっかけになりたい」 「埋もれてしまっている“大切だけど知られていない”情報を発信していきたい」 というミュータントウェーブ。さんの言葉はキャリアbaseの活動に通じる部分もあり、共感できることが多かったです。ジェンダーに関する悩みを持った生徒がいたらいつでも力になってくれると、温かい言葉をいただいたので、いつでもお声掛けください✨ みなと通信第2号はコチラからご覧いただけます📣

【みなと通信】記念すべき第1号をご紹介! | みなと通信

【みなと通信】記念すべき第1号をご紹介!

キャリアbaseの活動について発信している【みなと通信】✨今回は第1号についてご紹介していきます!   いつできたの? 第1号は、2022年8月10日に完成しました! 誕生秘話 実は最初、手作りではなかったんです。事務局長に下書きを提出したところ「手描きにしてみたら?」とアドバイスをもらい、挑戦してみることにしました!忙しい先生たちが手に取りたくなるような、みなと通信に登場してくれた生徒・先生・地域の方々・キャリアbaseと関わる皆さんが嬉しくなるような、季節と温度を感じて読んでくれた人が優しい気持ちになれるような、手にした方々の表情を想像しながら楽しく描けるような...そんな通信にしたくて創り始めました。 いただいた声 実際にみなと通信を手にした方々から、嬉しい声がありました。 「思わず手に取ってしまいます」 「毎回楽しみです」 「こーゆーのいいですよね」 「癒されました」 いただいた声を大切にしながら、これからも【みなと通信】を通してたくさんの人に、キャリアbaseの活動を届けていきたいと思います⛵ みなと通信第1号はコチラからご覧いただけます📣

キャリアbaseが発信している「みなと通信」とは? | みなと通信

キャリアbaseが発信している「みなと通信」とは?

キャリアbaseでは、日ごろの活動内容を2か月に1度「みなと通信」で発信しています。 学校や地域の施設など、いろいろなところに置いていただいており、手に取った方にあたたかい気持ちで読み進めてもらえるように、心を込めてすべて手描きで制作しています! ~掲載内容~ ・活動実績 ・お知らせ ・ガイダンス・イベント情報 ・4コマ漫画 ・就活伴走生徒の実際の声! ・他校の取り組みご紹介 ・地域で活躍されている機関やお店のご紹介 ・LGBTQ+の当事者として当法人に協力いただいている方々のご紹介 など 内容はいつも盛りだくさん! 「手描きだから読みたくなる」 「あたたかい雰囲気でイラストもかわいい」 「いつも楽しみにしています」 と嬉しいお声をいただいています😂 実際のみなと通信!スタッフ紹介をしています 次回のブログから、すでに制作完了しているみなと通信Vol1~Vol3のご紹介をしていきます✨ 過去のみなと通信を見逃してしまった・・・!という方、必見ですので、ぜひチェックしてみてください!

お問い合わせ お問い合わせ

ご相談、ご質問に関しては
下記のフォームよりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ お問い合わせ
お問い合わせ