ブログ

blog
【オンライン職業講話】第1回『とりドリさんの場合。』を実施しました! | キャリア教育

【オンライン職業講話】第1回『とりドリさんの場合。』を実施しました!

本日は、カシマ教育グループ(鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校さま)にて、オンライン職業講話『とりドリさんの場合。』を開催しました! オンライン職業講話『とりドリさんの場合。』では、色とりどりな働く大人たちが登場し、それぞれの視点から仕事の話や、“働く”を通して気づいた大切なことなどを話していただくような、「働く大人図鑑」のような内容です。2月までの全6回シリーズ、12人の大人を知る機会を通して、なりたい大人像、自分らしいロールモデルを模索していきます。 🐥本日最初の“とりドリさん”は・・・ フットサル選手・高校生支援・手づくりの人 NPO法人キャリアbase あすリード部 倉持杏子さんです!さまざまな活動をしている倉持さんからは、“実はやりたいことをみつけたのは27才”という話や、“陽口(ひなたぐち)”の話がありました。 📣倉持さんからのメッセージ ①自分のいいところがわからなかったら 周りに聞いてみるのもアリ ②自分で決めて、動いて、やってみると いろいろ分かる ③自分の中の心地よさと違和感を大切にする 💭生徒質問からピックアップ Q:怪我のリハビリした際にどんな気持ちで乗り越えようって思いましたか? 「実は私が怪我をする直前、今までの人生で一番サッカーが嫌いになってた時期でした。仕事とサッカーの両立が上手くできなくて、努力をしなくなってその結果、大きな怪我をしてしまいました。「自分が怠けていたから怪我した」って分かってるのに周りの友人は同情してくれてて、有難かったけど正直きつかったです。でも怪我したあとに迎えにきてくれた父が「トレーニング不足だね」って笑いながら言ったんです。「そうなんだよ!」と、ものすごく心が軽くなりました。ちゃんと見ててくれたんだって思いました。そこで「もう一度1から頑張ろう」って決めて、自分の体ときちんと向き合いながらコツコツ積み重ねて、もう怪我をしない体作りをしようと思って5年、大きな怪我なくプレーし続けることができています!復帰したあと、「怪我して良かった」って思いたいという一心で、周りの人にたくさん助けてもらいながらリハビリ生活乗り越えました!」 🐥2人目の“とりドリさん”は・・・ 笑顔がトレードマーク!塗り床リリーフパネルの販売・工事を手掛ける、株式会社テクノスタッフ社長 本田光弘さんです! まずは本田社長から生徒への質問です。 「(人生を80年と考えた場合)人は一生のうちで、どれくらい笑っていると思いますか?」 ①約23時間 ② 約23日間 ③ 約23カ月 生徒からは②③という声が多かった中で、答えは①23時間、、!! 「たくさん笑うことは健康と長生きにも繋がるんだよ」とのメッセージもありました。 📢本田社長の「働く」とは!? お客様からの「イイね👍!」と、自分への「イイね👍!」を集めること。それは豊かな仲間づくりにもつながることを教えていただきました。 📣本田社長からのメッセージ ①人は多くの人に支えられて生きている ②周りに助けてくれる人がいる事を忘れない ③遠慮は不要ですが、配慮は必要 💭生徒質問からピックアップ Q: どうやったら仕事のやる気を出せますか? A:やる気の出ない仕事でやる気を出すのは難しいので、質問者の方が、自分のやりたい仕事を、真剣に探してみると良いと思います。 ・自分の得意な事を書き出す。(見える化すると考えやすい) ・周りの人に自分の長所を聞く。(知らない自分がいるかも(笑)) ・どんな事にワクワクするか、考えてみる。 例:人と話す、物作り、体を動かす、職場の環境(距離とか駅近とか)、社員数、給料の額、福利厚生、働く仲間が良さそう、動物が好き、その会社の商品が好き、などなど、ワクワクが多いほど、やる気になりやすい仕事だと思います。 ちなみに、私の仕事のスタートは、お金が稼げそうな仕事で、仲間と体を動かして活動するのが好きで、形のある物を作るのが好きで、色々な場所に行けるのが好きだったので今の仕事を始めました♪そして、真剣に考える時は、ネガティブな要素で探すのは避けた方がイイですね。例えば→遠くに行くのが面倒、体を動かすのがヤダ。人と話したくない。などですかね! 生徒アンケートより 働いている大人のお話を聞ける機会があまりないし、詳しく趣味なんかも教えてくれながら仕事について説明してもらえて、自分に当てはめて考えやすかったしわかりやすかった 最近少し不安な予定を控えていて、不安がいっぱいで苦しかったですが・・・おふたりのお話をきいて、とりあえず決めてみる、やってみる、挑戦してみたいと思ったときに遠慮はいらないよというお言葉がとてもあたたかく、前向きに取り組んでみようと思えました!おふたりともお話が上手で要点をきれいにわかりやすくお話してくださったので、とてもあっという間の1時間でもっと聞きたかったのが本音です!とても楽しく、おふたりの温かさがあふれる時間でした!本当にありがとうございました! 自分の才能について考えた時に、僕には何の才能があるのかよく分からなかったけど、才能とは自分がやってて楽なことだという考え方を知れて良かった。 真面目に働くことによって得るのは、収入だけでなく、信頼でもあることがわかりました。 本田社長、倉持さん、ご参加いただいた皆さま、ありがとうございます!!

校内キャリアサロン設置が決定!飛鳥未来高校池袋キャンパス ~休眠預金活用事業プロジェクト~ | 休眠預金活用事業|キッズドア

校内キャリアサロン設置が決定!飛鳥未来高校池袋キャンパス ~休眠預金活用事業プロジェクト~

2024年6月、NPO法人キャリアbaseは、休眠預金等交付金を活用した『高校生世代の子育て家庭「くらしと学びの危機」緊急支援事業』(資金分配団体:キッズドア様、READYFOR様)に採択されました!本事業の実行団体として、キャリアbaseでは2024年7月より、通信制高校内における“校内キャリアサロン”の展開に向けて活動をスタートしています。 そこで今回は、本プロジェクトにおける“校内キャリアサロン”設置のお話をさせていただくため、東京都豊島区にある飛鳥未来高校池袋キャンパスへ訪問しました。今回のプロジェクトでは、通信制高校の生徒が家族、先生以外の「大人のともだち」を作り、「話せる人」を増やすことで「生徒の選択肢」を広げたいという思いを持って活動を行います。 *休眠預金事業への採択について、詳しくは『休眠預金を活用した『高校生世代の子育て家庭「くらしと学びの危機」緊急支援事業』の実行団体に採択されました!』をご覧ください。 【生徒に選択肢を増やす関わりを作りたい】 先生方とお話をしてみると、飛鳥未来高校池袋キャンパスでは、今年の3年生の就職希望は1割だということをお話いただきました。さらに、まだ進学か就職か迷う生徒も多数いるとのこと。その生徒のサポートを進路指導の先生がお一人で担当しているそうです。先生も3年生の担任をしながら、進路指導にも携わっているため、最大限の時間を作りながら対応しているものの、もっと選択肢を増やす関わりが作れたらと話されていました。 そこで、キャリアbaseの校内キャリアサロンが入ることで、その『関わり』のご支援に協力できるのではないか、という話をさせていただきました。また、「生徒や先生方へのミニセミナーなどもできませんか?」と、ご要望もありました。 【校内キャリアサロンができること】 今回は『校内キャリアサロン』を謳っていますので、校内に配置される大人はキャリアコンサルタント有資格者やカウンセラーの資格、あるいは教員経験を持っている、など高校生の進路相談に慣れた人たちです。生徒たちに寄り添って将来を考えるお手伝いや、相談に合わせた情報提供を行うことができます。 まずは、進路の相談はもちろん、ちょっとした悩みや聞きたいことをお聞きしていく予定です。 時には傾聴を使ってたっぷりと生徒のお話を聴き、必要であれば就労支援を行い、楽しみながら自己分析のワークをしたりカードセッションをしたり、生徒たちに合わせて私たちの対応は変化していきます。そして、生徒たちの人生に少しでも選択肢を増やし、自分で進路を決める練習をしてもらいたいと思っています。 また、来てくれた生徒たちがよりゆっくり過ごせるように、お菓子や軽食も用意していく予定です。飛鳥未来高校池袋キャンパスさまからは、就職希望者向けの求人検索会のご依頼をいただきましたので、その様子はまたお伝えしていきます。 【さいごに】 すでに、今年度の高校生の就職活動は始動しています! 就職希望の生徒たちは、夏休みに向けて学校見学へも行くことになるでしょう。それまでに、できるだけ多くの求人票を読み込み、企業を「比較」して、自分で行きたいと思える会社を見つけていけるように、私たちキャリアbaseも引き続き寄り添っていきます。

自分を好きになるガイダンスを実施しました!(都立葛西南高等学校さま) | キャリア教育

自分を好きになるガイダンスを実施しました!(都立葛西南高等学校さま)

7/8(月)東京都立葛西南高等学校・全学年生徒向けにキャリアbaseあすリード部・くらもちが『自分を好きになるガイダンス』を実施しました! 今年度、キャリアbaseの「自分を好きになるガイダンス」が、地域教育推進ネットワーク東京都協議会の会員団体が提供する、学校支援活動等で活用可能な教育プログラムの1つとして採択されております!今回、数ある教育プログラムの中からキャリアbaseのプログラムを選択いただきました! 自分を好きになるガイダンス 自分を好きになるガイダンスは2部構成となっております。 自分の過去の嬉しいを分解するタイムマシーンワークと、人のいいところを見つける陽口(ひなたぐち)イベント🌻 友達と話したり、一人でじっくり考えたり、自由なスタイルでリラックスしながら取り組んでくれました!! 先生方も積極的に対話してくださり生徒は嬉しそうでしたね☺ 全校生徒の前で発表! 全校生徒の前で意見を伝える機会はめったにありません。 生徒会のある学校は生徒会長、先生の中でも校長先生くらいでしょうか。 緊張したと思いますが勇気をもって発表してくれた各学年の生徒たちに拍手を送りたいと思います✨ 最後はこのガイダンスの誕生秘話をお伝えしました⛵ 特に陽口イベントは、自分の知らない自分のいいところに気づけるワークとなっています。講師のくらもちは、自信に満ち溢れていて「なんでもできる!」という性格ではなく、どちらかというと自分のいいところを誰かに伝えたり、人前で話したりすることは得意ではありませんでした。 しかし、自分自身の過去の分解作業や、周りの人たちからもらった言葉のおかげで、自分の知らなかった自分の“いいところ”をみつけることができ、少しずつやりたいことが見つかって、日々の生活の原動力になっています。 このガイダンスのテーマは『じぶんを知る、好きになる』 その方法はたくさんあると思いますが、タイムマシーンワークや陽口イベントがその方法の1つになれば嬉しいです。 今回は授業サポーターとして、ミナトリーの戸井田さん・岩井さんが参加してくださりました✨ ありがとうございました☺

『ハレかしぜみ Vol.6』~これまでを振り返ろう~中間発表!(千葉県立柏の葉高等学校さま) | キャリア教育

『ハレかしぜみ Vol.6』~これまでを振り返ろう~中間発表!(千葉県立柏の葉高等学校さま)

6/27(木)に、千葉県柏の葉高等学校・1年生向け探究授業「ハレかしぜみ」の第6回目のガイダンスがありました🌱 1学期ラストの授業は“振り返り” グループで発表📢 これまでやってきた授業を振り返り、グループごとに発表します! 他のグループのアイディアを知り、自分たちの企画に良い気づきを与えてくれる時間になりましたね✨中間発表を終えたあとに改めて話し合い、企画のブラッシュアップをしていきます☺ 来てくれた人達に、また次も来たいと思ってくれる人を増やしたい オリジナル感を出したい 食べ物を食べて来てくれた人達みんなにHappyになってほしい 近隣の農家さんと協力したい チームワーク×実行委員! 実行委員メンバーの方ではプレゼンメンバーの担当決めや、チラシの作成、SNS周りの工夫が進んでいました✨ 声を掛け合いながら、積極的に活動を進めていく頼もしい生徒たち!! 夏休みに入るとさっそく地域の企業さんや団体さん向けにテラスをてらそうフェスタのプレゼンが始まっていくようです。本番に向けて一緒に楽しみながら挑戦してくださる地域の応援団を増やしていきましょう!! 企画が上手く進んでいないチームもあるかもしれませんが、壁にぶつかった時こそ面白いアイディアが出てくるチャンス!! 深呼吸して、チームで力を合わせて考えていきましょう✨💭 これまでのハレかしぜみの様子もぜひご覧ください✨ 🌱ハレかしぜみvol.1『柏の葉アクアテラスでオリエンテーション!』 🌱ハレかしぜみvol.2『柏の葉という地域を知ってアイディアを膨らまそう!』 🌱ハレかしぜみvol.3『対話を重ねてチーム決め!』 🌱ハレかしぜみvol.4『企画をするプロセスを学ぶ!』 🌱ハレかしゼミvol.5『アクションプランを立てよう!』

【ふらっぽ北柏】7月開所日のお知らせ📢 | 居場所支援

【ふらっぽ北柏】7月開所日のお知らせ📢

みなさん、こんにちは! . . もう少しで夏休みが始まりますね🍉 . . 7月のふらっぽ北柏開所日のお知らせです📢 7月11日(木)14時~17時 7月23日(火)14時~17時 7月25日(木)14時~17時 . . . 中高生が自由に安心して利用できる居場所“ふらっぽ北柏” 誰かとお話ししたり、ぼーっとしたり、ものづくりをしたり、宿題をしたり、ボードゲームで遊んだり! 過ごし方は自由です♪ ぜひふらっと遊びに来てください✨ 利用を希望する際は前日までのご予約が必要になりますので、 コチラからご予約をお願いします✨  

第2回 みんなでわいわいフットサルイベント⚽を開催しました!(@リアクション柏) | 休眠預金活用事業|ちばのWA

第2回 みんなでわいわいフットサルイベント⚽を開催しました!(@リアクション柏)

7/1(月)、リアクション柏というスポーツ施設で第2回みんなでわいわいフットサルイベントを開催しました!千葉県東葛エリアの通信制高校を中心に、生徒21名、先生1名が参加してくださり、笑いあり、いい汗ありの楽しい時間になりました✨ . . 通信制高校は駅前や建物のワンフロアにキャンパスを構えていることも多く、学校施設としてグラウンドや体育館を持っていない高校も少なくありません。 通信制高校に通う生徒のみなさんが、他校の生徒と楽しく思いっきり運動できる機会を作りたいと思い企画したのが、みんなでわいわいフットサルイベントです⚽ . . . 準備運動やしっぽとりから始まり、パスやシュートではお互いの名前を呼び合いながらボールを蹴っていましたね♪最初は少し緊張した表情の生徒もいましたが、終わったころには誰と誰が同じ学校か分からないくらい打ち解けていました。笑 実施後のアンケートでは、 色んな人とフットサルできて仲間が増えた! まだフットサルを始めてからあまり経っていないので技術的な部分が参考になった! 運動の大切さを知った! すごい楽しかった! かけ声大切! と色々な感想をいただきました✨終わった直後に「またやってほしいです!」と言いに来てくれた生徒もいましたね☺ . . . キャリアbaseのインスタグラムにイベント中の様子をアップしているので、ぜひご覧になってください👀 そしてなんと!!今回、カメラマンは生徒がしてくれました✨素敵な写真と動画をたくさん撮影してくれてありがとう🌼 ▶▶キャリアbaseインスタグラム . . . また開催したいと思いますので、次も参加したいという生徒、今回参加したかったけどできなかった生徒は、ぜひ遊びに来てください🍀 公益財団法人ちばのWA地域づくり基金様が実施する、休眠預金等活用法に基づいた「若年就労困難者のための包括的就労支援事業」を行う実行団体に、キャリアbaseが選ばれました!2023年5月より、3年間にわたって事業を進めていきます。   本事業においては、千葉県東葛エリアの通信制高校に通う生徒を中心に、個別就労支援・キャリア教育・居場所支援等の活動を届けていきます。現在、東葛エリア内の通信制高校との連携強化を図っており、その活動の一環で、東葛エリアの高校生同士が交流でき、コミュニティを拡げていけるような場として今回のイベントを企画しています。

【第3回浦安探究ゼミ】“スポーツフェスティバル”を考えよう!(千葉県立浦安高等学校さま) | キャリア教育

【第3回浦安探究ゼミ】“スポーツフェスティバル”を考えよう!(千葉県立浦安高等学校さま)

6/27(木)、千葉県立浦安高等学校1年生向けの『第3回探究ゼミ』に、外部講師としてキャリアbaseあすリード部・倉持が登壇しました! そして今回も、通信制非常勤講師や整体師、音楽家として活躍されているミナトリー・松嶋さんにサポートいただきました⚽松嶋さん、いつもありがとうございます🌱 スポーツフェスティバルを考える!? スポーツ探究ゼミの生徒たちは体を動かすことが好きな生徒が多いです⚽🏀⚾🏸💃🏂🎽 前回の授業で取り組んだ「アイディアシート」にも、「好きなこと・興味のあること」に色々なスポーツを書いてくれました✍そして、「この探究ゼミがどんなことをしてみたい?」という項目には、 運動が苦手な人でも楽しめるスポーツをつくりたい 色んなスポーツを体験してほしい ○○のスポーツの楽しさを伝えたい 最後まで授業をやりきりたい! と生徒たちの想いが綴られていました。 そこで! 生徒たちに「スポーツフェスティバル」を企画してみよう! という問いを投げてみました💭 グループワーク👯  ①どのような目的で  ②誰に  ③どのような工夫をして  ④実施後に届けたい変化 という順序で話し合いながら考えていきます。違うスポーツをしている生徒同士で構成されたグループでは、それぞれのスポーツの特性やルール、良さをかけあわせた面白い企画が進んでいましたね✨ 浦安地域で「ここを会場にしてほしい!」という方がいらっしゃいましたら、ぜひお声掛けいただけたら嬉しいです👐 次回は夏休み明けの9/19🍀 引き続きよろしくお願いします☺

【令和6年度版】第6回オンライン就活セミナーを実施しました!カシマ教育グループさま(鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校) | キャリア教育

【令和6年度版】第6回オンライン就活セミナーを実施しました!カシマ教育グループさま(鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校)

本日は、キャリアbase代表の草場が講師として登壇し、全国の鹿島学園高等学校・鹿島朝日高等学校・鹿島山北高等学校の生徒に向けた、オンライン就活セミナーを実施しました。 第6回目のテーマは『職場見学について』です。 (本日のアジェンダ) 1.職場見学のコツ 2.応募先企業の選択のポイント (今日の目的) 職場見学を、後悔しない企業選択に役立てよう! 7月1日に高卒採用求人情報が全国的に公開され、求人活動が本格的にスタートしました🌻夏休み期間に、最低3社は職場見学に行き、実際に見て、比較検討しながら応募先企業を考えるような就職活動をお勧めしました。 企業研究の仕方では、企業名から情報収集する練習を行い、それぞれどのように検索し、どんな内容が捉えられたかを共有しました。 ・公式HP ・Siri ・XなどのSNS ・Google ・口コミ など…… 職場見学に向けて、身だしなみチェックと訪問マナー、当日の見学ポイントを確認し、いつまでに何をするのかなど具体的な準備についてもお伝えしました! (実施後のアンケート) 就職は難しいこともあるけど慣れれば楽しそう 職業の心構えがわかった 就職のチェックリストなどがためになった 就職先の詳しいことを調べる方法がよくわかった 一社だけでは無く複数の会社を見学する事が大事であると言う事を知れた これから何をすればいいか参考になった 色んな選択が増えてすごく良かった 就職したいと思っていたけど実感が湧かず、特に進展なかったけど、セミナーを受け、本格的に就職を考えていきたいなって思いました。 自分はどんな会社がいいか人によって違うので、働く自分がどう在りたいかをイメージして仕事場を決める   ご参加いただいた皆さま、ありがとうございます!

【厚生労働省発表】ハローワーク求人に係る令和6年3月卒業の高校生就職内定率は 99.2% | 個別就労支援

【厚生労働省発表】ハローワーク求人に係る令和6年3月卒業の高校生就職内定率は 99.2%

厚生労働省が2024年5月31日に発表した、令和5年度「高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職・就職内定状況」取りまとめ(令和6年3月末現在)によりますと、高校新卒者の就職内定率は99.2%となりました。 (厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/content/11800000/001222119.pdfより引用) 令和6年3月末時点 高校新卒者の状況 令和6年3月末時点のハローワーク求人における求人・求職・就職内定状況のポイントは、以下の通りです。 【全国計】 ○ 就職内定率  99.2%で、前年同期比0.1ポイントの減 ○ 就職内定者数 120,203人で、同4.8%の減 ○ 求人数    482,270人で、同8.7%の増 ○ 求職者数   121,123人で、同4.7%の減 ○ 求人倍率   3.98倍で、同0.49ポイントの上昇 就職内定率はここ数年横ばいとなっておりますが、求人倍率は過去最高となっており、高水準です。また、求人数につきましても482,270人と過去最高となっています。 【千葉県内】 キャリアbaseが拠点する千葉エリアに注目しますと、以下の通りです。 ○ 就職内定率  96.8%で、前年同期比1.1ポイントの減 ○ 就職内定者数 3,678人で、同8.7%の減 ○ 求人数    14,042人で、同5.9%の増 ○ 求職者数   3,800人で、同7.7%の減 ○ 求人倍率   3.70倍で、同0.48ポイントの上昇 求職者数が減る一方で、求人数は増えています。いずれの業界においても人手不足は深刻化しており、高校生など若手人材を求めている企業が増えていると言えるでしょう。 令和7年3月卒業の就職活動スケジュール(千葉県) 都道府県によって1次応募から複数応募が可能になる県や、1人2社の複数応募が可能になる時期は異なりますが、おおむね選考開始・採用内定開始は令和6年9月16日以降となっています。 千葉県では、令和7年3月卒業高校新卒者に係るハローワークによる求人申込みの受付及び選考・内定開始期日は、以下の通りです。 引用元:千葉県労働局 ・ハローワークによる求人申込みの受付開始期日:令和6年6月1日以降 ・求人票解禁日:令和6年7月1日以降 ・推薦開始:令和6年9月5日以降 ・選考・採用内定開始日:令和6年9月16日以降 ・1人2社まで複数応募可:令和6年10月1日以降 参考 千葉県労働局|【事業主向け】令和6(2024)年度 学卒求人申込説明会のご案内(千葉県内ハローワーク)新規高等学校卒業者の採用選考開始期日等より   キャリアbaseでは令和6年度の個別就労支援も7月から本格化 キャリアbaseでは4月以降、キャリア教育や通信制高校に向けた就活セミナーを実施しております。実施した就活セミナーは、以下の通りです。就活セミナーを通じて、生徒も徐々に就職活動へ意識が高まってきています。 夏休みに入るまでにも、通信制高校向けに「求人票の見方」の就活セミナーを実施予定です。 【令和6年度版】第1回オンライン就活セミナーを実施しました! 【令和6年度版】第2回オンライン就活セミナーを実施しました! 【令和6年度版】第3回オンライン就活セミナーを実施しました! 【令和6年度版】第4回オンライン就活セミナーを実施しました! キャリアbaseの主要な活動である個別就労支援が本格化するのは、求人票が解禁となる7月以降です。生徒は不安と期待が入り混じる時期になりますが、いよいよ来月7月から、求人票から生徒が希望する職種・会社を選定していきます。 本年度も生徒の適性や希望に合わせながら、一人ひとり、1回1回の面談を丁寧に行ってまいります。   \ご寄付・ボランティア募集中です!/ 今後も安定した支援体制を継続していくためには、団体の財政基盤と人員体制の強化が必要です。さまざまな背景を抱える子どもたちに寄り添い、伴走していく活動を継続していくためにも、月額寄付サポーターやボランティアの募集を強化しています。 ご寄付・ボランティアについては、コチラをご覧ください。

『ハレかしぜみ Vol.5』アクションプランを立てよう!(千葉県立柏の葉高等学校さま) | キャリア教育

『ハレかしぜみ Vol.5』アクションプランを立てよう!(千葉県立柏の葉高等学校さま)

6/20(木)に、千葉県柏の葉高等学校・1年生向け探究授業「ハレかしぜみ」の第5回目のガイダンスがありました🌱 前回、株式会社コロコロ・松田さんからアイディアを企画にする方法を学びました✎☺その企画の実現に向けて、本番から逆算した計画立てを行っていきます!! 生徒はチームごとに各教室に分かれ、先生方には探究ファシリテーターに挑戦していただきました!! 取り組んだことは下の3つです! 計画を立てる 必要なものリストを書き出す 外部との連携 生徒たちは残りの授業日数を確認しながら「いつまでに」「どこまで進んでいれば」実現できるかどうかを話し合っていきます。 計画を立てたら次は必要な物リストの作成👀 チームによって企画内容は異なりますが、予算は「3,000円」と決まっています。材料が予算に収まらないチームは他に方法がないか探していきます。購入以外にも材料をゲットする方法はたくさんありそうですね💡 外部団体・企業との連携に進んだチームは、アプローチ先の下調べをして理解を深めてから連絡を取っていきます。さっそくテレアポに挑戦しているチームもありましたね☎お電話先の方への思いやりを持って、丁寧にお電話できるといいですね♪ チームによって進捗は様々ですが、今年もついに本格的な活動が始まっていきました!!たくさん悩んで、考えて、納得のいくものを創り上げてほしいなと思います。一見、高そうな壁に見えても、実は足元に通れる穴があいていたり、横の壁に変更したおかげでもっと素敵な景色が見えることもあるかもしれません。 悩むところからアイディアは広がっていきますので、ぜひ止まっている時間も楽しんでくださいね✨ 初代実行委員×2代目実行委員! 実行委員の活動には、初代実行委員を務めた先輩メンバーが参加してくれました!! 実行委員は、当日運営、広報・集客、プレゼンチームと役割が分かれています。それぞれの役割ごとに集まって、昨年大変だったことやアドバイスをしている先輩の頼もしい姿と、一生懸命先輩の話を聞きながら今年のイベントの成功に向けて気持ちの入った1年生の表情をみることができました✨ 柏の葉のみなさん!! 今年のテラスをてらそうフェスタもぜひ楽しみにお待ちください✨

わくわくデパートへようこそ!【講師:ミナトリー太田さん】(千葉県立小金高等学校さま) | キャリア教育

わくわくデパートへようこそ!【講師:ミナトリー太田さん】(千葉県立小金高等学校さま)

6/12(水)千葉県立小金高等学校・1年生向けに『わくWAKUデパートへようこそ!~自分の気持ちを知ろう~』ガイダンスを実施しました✨ 講師はミナトリーの太田奈津子さん🌱太田さんはミナトリーとして幅広く活動に協力してくださっています。 今回はタレントリーとして、ご自身のこれまでの経験やキャリアコンサルタントでのお仕事を活かして、高校1年生の生徒たちが自分の中にある“わくわく”へ気づき、未来の“働く”を少し身近に感じることのできるようなガイダンスを構成しました。 さっそくガイダンスの様子を見ていきましょう👀 ワクワクを考えるアイスブレイク🌈 ワクワクと聞いて思い浮かぶものと、ワクワクの対義語を考えてもらいました! 生徒たちは、 「ワクワク=楽しい/笑顔/面白そう/次回予告」 「対義語=びくびく/めんどくさい/つまらない」 と頭の中でその時の状況をイメージしながら、色々な言葉で表現してくれました! わくWAKUデパートへようこそ! 5~6名のグループを作り、会話を楽しみながらワークはスタート! 色々なお店や企業、商業施設が入っているわくWAKUデパートに行った時、「あなたはどこに行きたいですか?ルートを書いてみましょう!」という太田さんの声と共にペンを走らせる生徒たち。 別館の屋上にはフリースペースを用意し、自由に書き込めるようにしました。 猫cafe、ケーキ屋さん、プラネタリウム、ドーム、運動場、競馬場、英会話教室、会計士事務所など・・・自分が「ワクワクする」施設やお店を次々に書いてくれました✨ その後、一番ワクワクしたところをピックアップして、 「そこで何をしたいか?」 「そこにいる時にどんな気持ちになるのか?」 「関連する過去のエピソードは?」 「そこはどんな環境か?」 などの問いから、ワクワクの深堀りを行います。 働くを想像してみよう! 最後に、 「マップの中でどの場所で働きたい?」 「どんなポジションがいい?」 という問いを用意しました。 自分がワクワクしたところで働きたいという生徒もいれば、ワクワクと働く場所は別で考えたいという生徒もいました。 人それぞれ価値観は様々ですが、自分ってどうなんだろう?と考える時間に、自分が描く未来のヒントが眠っていると思っています🍀 現在、小金高校では探究学習を3年間のプログラムに落とし込んでいる最中です✨ 1年生では自分と向き合う時間が特に多いかと思いますので、色々な視点から自分を捉えていけるといいですね♪ 小金高校のみなさま、ありがとうございました!!  

“カタン王”は誰になる⁉︎👀✨inふらっぽ北柏 | 居場所支援

"カタン王"は誰になる⁉︎👀✨inふらっぽ北柏

公益財団法人ちばのWA地域づくり基金様が実施する、休眠預金等活用法に基づいた「若年就労困難者のための包括的就労支援事業」を行う実行団体に、キャリアbaseが選ばれました!2023年5月より、3年間にわたって事業を進めていきます。 本事業においては、千葉県東葛エリアの通信制高校に通う生徒を中心に、個別就労支援・キャリア教育・居場所支援等の活動を届けていきます。現在、東葛エリア内の通信制高校との連携強化を図っており、その活動の一環で、東葛エリアの通信制高校の生徒がキャリアbaseの居場所を利用してくれました!その時の様子を今回のブログでご紹介します。 6/14(金)ふらっぽ北柏でカタン会が行われました!! この日の気温は30°💦 暑い中、自転車に乗ってふらっぽに来てくれたのは地域の中学校、通信制高校に通う2人の生徒🚲✨ 「あつぅぅ〜い💦」という声に、 「スイカバー食べよう‼︎」の言葉にみんなで笑顔になってスイカバーにかぶりつきました✨ 「スイカバー久しぶりに食べたぁ🙌おいしい😋」と、体をクールダウンできた様子😊 その後、"カタン"というボードゲームが始まりました🃏 カタンとは・・・ 陣地取りのようなゲームで、カタンという無人島を舞台に、 拠点となる開拓地(家)を建ててそこから島全体を開拓していきます🏰🏝️ 実際にやってみた方がわかります笑笑 1回やってみると、とても面白くて、みんなでいろいろ考えながらたくさん笑って楽しめるゲームです♟️ 気付けば2時間も対戦していました!! 好きなアニメの話や学校での出来事など会話を楽しみながらできるゲームです みんな、負けたくない‼︎という強い思いから、それぞれ助け合ったり、相談したり。 駆け引きも楽しかったです✨ 帰りはいつものように、 「またきてね〜👋✨」 「またね〜👋👋👋」と手を振り、それぞれ帰路につきました🌈 安心して気軽にふらっと訪れることのできる居場所での時間を過ごしながら、 利用してくれた生徒たち心の余白を大切にできるよう引き続き関わっていきたいと思います⛵ ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー ✎今回のブログ記事ライター/ミナトリー“まなてぃさん” ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

お問い合わせ お問い合わせ

ご相談、ご質問に関しては
下記のフォームよりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ お問い合わせ
お問い合わせ